肌には「いらない赤」がある!赤みをカバーして涼肌美人になる方法

メイクアップ
いいね! 2件

「MAQUIA」8月号では、ヘア&メイクアップアーティストのGeorgeさんに赤みをコントロールできるカバー法を教わります。

Image title


教えてくれたのは・・・
ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん
おしゃれに見せつつ、確実なかわいさを引き出すテクに定評が。名品を語りだしたら止まらないほどのコスメフリーク。


肌の“印象”を左右する赤。
いらない赤は下地などでカバーを!

「肌にはあった方がいい赤と、ない方がいい赤があるんです。あった方がいい赤は、頬や唇、まぶたの赤み。血色感や生命力を感じさせて女性をより魅力的に見せてくれます。一方で、ないほうがいい赤も存在する。それは涙焼けやメイクオフしきれてないことによる色素沈着などにより目立つ『目尻の赤』、不潔な印象や老け印象にもつながる『小鼻の赤』、生活の乱れを連想させる『ニキビやニキビ跡の赤』、そして『頬の赤』。頬の赤はチークに生かすこともできるけど、コンプレックスに感じているならカバーを」


目尻の赤みは・・・

やわらかコンシーラーでトーンアップ!

「色素沈着、もしくは涙による荒れが原因の目尻の赤黒さは、疲れた印象に見られがち。みずみずしい質感のコンシーラーでカバーしましょう」(Georgeさん、以下同)


ファンデーションの質感に近く、自然なカバー力。リタッチング ワンド 03 ¥4900/ボビイ ブラウン

ニキビ&ニキビ跡の赤み は・・・

それぞれアイテムを使い分け!

「ニキビとニキビ跡では、アイテムの使い分けが重要に。今、炎症が起こっているニキビには、炎症を助長しないものが◎。ニキビ跡にもなりにくくなるはず」

(右)ニキビ・肌荒れを予防。fサインディフェンス リペアランススポッツアクネ 20g¥3000/アユーラ ラボラトリーズ 

(左)ニキビ跡に。24h コンシーラUV 1.4g ¥3334/ナチュラピュリファイ研究所

頬の赤み は・・・

タイプ別にコントロールカラーを使い分け

りんごほっぺ

「血管が透けて頬が赤く見えるりんごほっぺは、可愛いけど、子供っぽくて嫌という人も。涼やか美肌を目指すなら、グリーンの下地が味方になってくれます」

どちらもなじみ抜群。(右から)アンジェリックコンプレクションプライマー 04 30g ¥4200/THREE エニークッション カラーコレクターMint 14g ¥1800/エチュードハウス


くすみりんごほっぺ

「エイジングで頬が赤っぽいグレーにくすんで見える人は、ピンクの下地で補正すると澄んだ印象に。乾燥が原因の人は美容成分入りのブルー下地がオススメ」

Image title

(右から)コーラル系。ベーシック コントロールカラー 04 10g ¥2000/RMK Division 光で補正し透明感を底上げ。コントロールベイスピンク 20g ¥2800/イプサ 黄み肌のくすみを一掃。フィックス イット カラー 100 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール


小鼻の赤みは・・・

ヨレないコンシーラーがマスト!

「どんなに丹念にメイクしても、小鼻の赤ぐすみが目立つと一気に清潔感が損なわれるから不思議! 皮脂が出やすい部分なのでテクスチャーが重要です」

なじむとサラッとした質感に。マジック コンシーラー 02 15ml ¥5000/ヘレナ ルビンスタイン


MAQUIA8月号

撮影/恩田はるみ(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/SHOCO イラスト/佐瀬麻友子 構成・文/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN