アプリ要らずの盛れ肌に! トラブルカバーしながら薄膜に仕立てる中野流メイクテク

メイクアップ

 「MAQUIA」2月号では、毛穴やシミをカバーしながら厚塗り感ゼロの加工レス肌に仕上げる、中野明海さん流メイクテクニックを公開!

Image title

ツヤ・ハリ出し

毛穴 シミ クマ ほうれい線
トラブルカバー


薄膜仕立て

全プロセス

厚塗り感ゼロの加工レス肌に仕上げていくプロセスを全公開。


中野明海流
パーフェクトにカバーされた
うるうる澄み肌

オイルとクッションファンデーションで、表面を艶やか&なめらかに下ごしらえ。後は、コンシーラーでトラブルを1つ1つ消しつつ、チークコンシーラーで悩み密集ゾーンをぷりぷりに仕上げたら完了。


【あわせて読みたい】使用コスメはこちらの記事をチェック! >>

1/13

2/13

3/13

4/13

5/13

6/13

7/13

8/13

9/13

10/13

11/13

12/13

13/13

ツヤ・ハリ出し

ベース前にオイルを仕込む
オイルを顔の中心から外側に薄く。最後、13でツヤが足りない際は再度オイルで押さえて。

薄膜仕立て

力が入らない持ち方で
肌にベースメイクをのせる際に力が入らないよう、スポンジの先端を持つと◎。

トラブルが多い頬から塗る
スポンジの底の面にファンデーションを取り、まずトラブルが密集する頬にのせる。

ツヤ・ハリ出し

FDでベースを整える
頬から外側に向かって、顔全体にスーッとのばすようになじませていく。

チークとコンシーラーをMIX
パレット内の赤み寄りのコンシーラー(★)と練りチークをスポンジに取り、手の上で混ぜる。

ツヤ・ハリ出し

血色のいいハリツヤ頬を作る
小鼻より上、涙袋にかかるぐらいのやや高めの位置に、楕円形状にチークをポンポンと。

余りチークを鼻先にオン
6
で余ったものを小鼻の先にかすかにのせると、キュートさが増す。丸顔はのせない。

薄膜仕立て

肌にとけ込む色にブレンド
パレット内の3色のコンシーラーを混ぜて、トラブル以外の部分の肌の色を作りだす。

シミ・ニキビ/トラブルカバー

悩みをピンポイントカバー
手の上でコンシーラーをなじませてから、スポンジの先端で細かい悩みをピンポイントで消していく。

ほうれい線/トラブルカバー

ほうれい線&小鼻影をカバー
ほうれい線は、小鼻まわりの影やくすみをコンシーラーでカバー。

クマ/トラブルカバー

クマはスポンジを寝かし塗り
コンシーラーをつけ足さず、スポンジを横に寝かすように薄くなじませる。

薄膜仕立て

パフの余分な粉を払う
フェイスパウダーをパフに取ったら、手の甲になじませるようにして余分な粉を払う。

薄膜仕立て

ツヤで悪目立ちする凹凸を消す
眉間、涙袋の下のクマの線、鼻中央横の横ライン、ほうれい線、毛穴部分のみにお粉をのせて。


MAQUIA2月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 山口恵史(物) ヘア&メイク/中野明海 スタイリスト/辻村真理(モデル) モデル/藤野有理 佐分利眞由奈 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN