人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【河北流・くすみ色メイクのコツ】仕事モードのくすみ使いは、まぶたにチラ見せがベスト

メイクアップ

一歩間違えるとクマっぽい印象になりかねない目もとのくすみ色も、河北流なら上手くいく! 「MAQUIA」12月号では、目もとにくすみ色を取り入れたいときのメイクテクを河北裕介さんが伝授。

Image title


ヘア&メイクアップアーティスト
河北裕介さん

卓越した技術とその人らしさを引き立てる洗練されたメイクで、時代を牽引。今を読み解くプロデューサー的能力を持ち合わせ、手掛けた女優やタレントはスター階段を上ると評判。


 目もとにくすみ色 

くすみシャドウ×寒色
ラインなら上手くいく

目もとにくすみ色を取り入れる際は、少し間違えるとお疲れ感漂うクマっぽい印象になりかねないから、キワは寒色系の色ですっきり引き締めると上手くいく。このメイクは、まぶたにくすんだモーヴをのせ、目のキワに彩度の高いブルーをすっと。清潔感も爽やかさも感じるくすみ使いだから、仕事モードにも最適!


HOW TO

「仕事モードのくすみ使いは、感じさせるぐらいのチラ見せ具合がちょうどいい。まぶたにパレット左上の淡いモーヴをひと塗りしたら、目のキワに左下のブルーを切れ長にすっと引いて。仕事の際にはヘルシー感も大切だから、リップとチークはきちんと感のあるなじみカラーをチョイス。1のチークは頬に広めに入れて血色良く。2のリップはグロスのほうを全体に」

1/3

2/3

3/3

シャネル

レ キャトル オンブル 312

一見難しそうな色みの組み合わせながらも、まぶたにほどよい深みと澄んだ透明感を与えるアイパレット。モーヴ色は、色が赤すぎず深すぎず使いやすい。¥6900

BEST MATCH ITEMS

肌のくすみを一掃して、透明感を引き上げるピンクコーラル。ディオールスキン ルージュ ブラッシュ 060¥5700/パルファン・クリスチャン・ディオール

BEST MATCH ITEMS

品のいいブラウン系。リップ カジャル デュオ クロマ 10¥3800(限定品)/ランコム


MAQUIA12月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/杉本学子〈WHITNEY〉(モデル) モデル/森 絵梨佳 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN