人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

意外と知らない!? パウダーの塗り方テクを長井かおりさんが徹底指導

メイクアップ

「MAQUIA」10月号では、ベースメイクの仕上げに欠かせないパウダーの塗り方を長井かおりさんがレクチャー。シアーなルーセントタイプの正解テクを教えます!
Image title

お粉の種類で、全くちがう!
パウダーの塗り方正解MAP

“パウダー”といっても、その種類はひとつではありません。秋新作のパウダーも色や質感など、それぞれに個性が。意外と知らない塗り方テクニックをお粉のタイプ別に大公開します!


ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

目的別にパウダーを使い分けできれば
無敵の肌感に!

肌の仕上げとして使う「お粉」は、重要だけれどうまく使いこなすのが難しいアイテム。それだけで仕上がりを台無しにする場合も。長井さん、どうしたら?

「“お粉”はアラを隠し、なりたい肌印象へと操作できるとても便利で愛すべきアイテムです。でも、色や質感のチョイスを間違えるとその魅力も台無しに。例えば、透明感を出すもの、キラキラしたもの、白っぽいもの......どれもつけ方やのせる位置は一緒ではありません。今回は、秋新作の中から3タイプをセレクト。そのつけ方の方程式をお教えします。パウダーを制してメイク上手に!」


下準備

パフへの“粉まぶし”がキモ

Image title

パウダーは直接スポンジにつけるのではなく、まずはフタに取り出す。こうすることで使用量を確実に出せる。

Image title

フタに出したパウダーをパフに取り、揉むようにパフを回しながら、全体にまんべんなく含ませる。

Image title

最後に、パフの表面についた余分なパウダーを払い、フラットな状態に。これでムラなくパフへ粉がなじむ。


まず全顔+ポイントづけ

シアーなルーセントタイプ

ファンデーションの色の妨げにならず、密着度を高める“ルーセント”タイプは、皮脂が出やすくメイクくずれしやすいTゾーンや、ヨレやすい部分には重ねて使用するのがおすすめ。驚くほどつけたて感が長持ち。

Image title

1 まずは全体にうすーく

リキッドやクリームファンデーションをつけたら、全体に極薄にパフでパウダーを軽くのせる。


2 皮脂くずれゾーンはきちんとづけでFIX

皮脂くずれしやすいTゾーンは、パフを折り曲げ押さえるようにしっかりとのせる。

Image title


Image title

A 毛穴や凹凸をふんわりカバー。メディア フェイスパウダーS 15g(パフ付き)¥1300/カネボウ化粧品 

Image title

B 14種の保湿成分としっとりパウダー配合。マイファンスィー シアー モイスト パウダー 12g(パフ付き)¥4000/江原道(9月2日限定発売) 

Image title

C キメを整え美しい仕上がりに。ルナソル エアリールーセントパウダー 00 12g ¥4500/カネボウ化粧品(8月30日発売)


3 目のキワは筆で攻める

FD溜まりや動いてくずれやすい目のキワ、まぶた、眉は小ブラシで塗布して防波堤を作る。

Image title

Image title

ウエットとドライの2wayが可能なブラシで、小回り抜群。ウエット/ドライアイシャドーブラシ ♯49 ¥3900/NARS JAPAN


MAQUIA10月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/福永いずみ モデル/福吉真璃奈(マキアビューティズ) 取材・文/靏田由香 構成/木下理恵(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【MAQUIA10月号☆好評発売中】

フェイスパウダーの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN