風水師の李家幽竹さんが占う2017年。「唇と髪を潤す」ことが幸運のカギ

メイクアップ
いいね! 0件

運に愛されて幸せを勝ち取る方法を「MAQUIA」 1月号からピックアップ。2017年目指すべき女性像や美容テクを風水師の李家幽竹さんに教えもらいました。

Image title

「水」と「浄化」が幸運のキーワード

風水師 李家幽竹さん
「風水とは環境を整えることで運を呼ぶ環境学」という考えのもと様々な分野でアドバイスを提言。


全ての人を愛し、愛される
自分になれば運が活性化する!

風水では「水」の気を持つ「一白中宮年」の年で、清らかな水のような気の流れが幸運を生み出します。いい「水」を作るには、清浄な「水」の環境が必要で、「妬み・そねみ・嫉妬」を抱くのは今年最大悪となり、ネガティブな発言や考えは、気の流れを滞らせるので要注意。まずは汚れた「水」の気を流すことからはじめ、新しい「水」を貯え、人を愛し、愛されることで運がどんどん良くなります。

「水」は性を司る性質もあるので、女性らしさを意識するのも大切。それは男性に媚びを売る女性らしさではなく、同性から好かれるような女性らしさがラッキー。この年は唇と髪がキーポイントとなり、マイナス要因をカバーしたベースメイクや、潤った唇がマスト。女性らしさを感じるアーチ眉や目尻につけまやまつエクをプラスして、毛の存在感をアピール。チークはほんのり高揚しているようなバラ色チークを楕円形にON。ボリュームのある下唇は豊かさの象徴でもあるので、薄ピンクのグロスでぽってり感を。

「水」の年は毛髪から気を吸収するので、ダメージヘアはもってのほか。ツヤのあるロングヘアがベスト。また、どこか1カ所でも乾燥パーツがある人は、女性としての幸せがあっという間に逃げてしまうので、細胞レベルから潤いをチャージするような水ベースのスキンケアアイテムを駆使して。もし、気の淀みを感じたら、重曹や日本酒を入れたお風呂での浄化がオススメ。飲料水や顔や手を洗う水も意識すると、さらにいい気の巡りになりますよ。


MAQUIA1月号

撮影/ 近藤正一 取材・文/佐藤 梓 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN