高橋里帆さんの2017年上半期マイベストコスメは大人ならではの“美しい女性”をかなえるアイパレット

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」8月号では、人気アーティスト高橋里帆さんが2017年上半期のベストコスメを使っていま最も作り上げたい美女顔を提案します。

Image title

マイベストコスメでつくる美女顔

マキアで活躍するメイクアップアーティストが、2017年上半期に心惹かれた“マイベストコスメ”をピックアップ。そのアイテムをメイクの主役にして、いま最も作り上げたい美女顔を提案します。


高橋里帆's MY BEST

Q 2017年上半期のマイベストコスメは?
A セルヴォーク ヴォランタリー アイパレット 01

シルキーなテクスチャーで、パウダリーながらしっとりとまぶたに密着。右下には、深みを加える透ける黒のクリームシャドウを内蔵。¥6200/セルヴォーク(限定品)



Q ベストな理由は?
A グロッシーな質感、絶妙な深み。塗り重ねても尚、美しい夏に似合う絶品アイパレット

このパレットの見た目の美しさもさることながら、目元にのせたときの感動といったら! まるで「クリーム!?」と思うほどしっとりとしたパウダーはのびがよく、とにかく艶やかでグロッシーな仕上がりに。たったひと塗りするだけで絶妙な深みと立体感が生まれて、得もいわれぬドラマティックな眼差しが作れるんです。しかも、いくら重ねても濁らずクリアに発色するところも素晴らしいですね。赤みの具合も丁度よく、どんな肌の色にもマッチする上に、即おしゃれなムードを纏えるのも最高です。夏のどんなシーンにも映えるスパイスに、ぜひ。

アイパレットの左上を眉頭下に、右上と左下2色を混ぜてアイホールより狭く入れる。右上を上下のキワにライン状に引き、さらに目尻上下に再度重ねて深みを。最後に左下を目頭下に。


Q どんな女性を表現したい?
A “カワイイ”ではなく、“美しい女性”を目指して

再びメイク感が戻ってきている今、提唱したいのは大人ならではの“美しさ”。赤み系のブラウンを使っていても、以前のように幼さを前面に出さず、芯のある仕上がりが新鮮です。


MAQUIA8月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 岡﨑恒彦(物) ヘア&メイク/高橋里帆〈Three PEACE〉 スタイリスト/松島 茜(io) モデル/岸本セシル イラスト/ホンダシンイチ 取材・文/森山和子 


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN