ケイトのブラウンパレットで秋冬トレンドを先取り コケティッシュな70’sメイク

メイクアップ
いいね! 3件

「MAQUIA」10月号では人気アーティスト千吉良恵子さんが、新色ブラウンパレットを主役に今シーズントライすべき秋メイクを提案。今回はケイトのブラウンパレットを使ったコケティッシュな70’sメイクをお届けします。

Image title

ツヤベースだから
陰影も奥行き感も繊細な仕上がり

「クリーミーなベースカラーは上から重ねる色を定着させ、奥行きのあるグラデメイクに重宝」。この質感を生かしたピュアな囲みアイを提案。下まぶたを広めに囲んでコケティッシュな70’sメイクに。秋冬のトレンドにもしっくり。


KATE

ケイト
ダークナイトグロウ BR-1

クリーミーな影色ベース入りで使い勝手のいいパレット。濡れたようなツヤと陰影を自在に演出、今どきの質感に。¥1600/ カネボウ化粧品

Image title

POINT

しっとり囲みアイで
ファッショニスタ風

Image title


OTHER USE ITEM

Image title


a 漆黒仕上げ。モテマスカラ 2016 ブラック ¥1800/フローフシ(9月1日限定発売)

b ミニプレスト チークカラー 06¥2500/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 

c ティント イン ジェラート ヌーディコーラル ¥2800/シュウ ウエムラ(限定色) 


HOW TO MAKE

Image title

アイホール全体にクリーミーな1をなじませたら、上まぶたのキワと下まぶたのキワを2で締める。下まぶたは2の上に3を重ねて、丁寧にぼかし込む。aのマスカラは上下たっぷり。下まつ毛は目頭側を中央に向けて塗り、黒目を際立たせてコケティッシュに。


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 魚地武大(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/スミス 楓 イラスト/ホンダシンイチ 取材・文/安倍佐和子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN