眉に赤みをオン! イプサのアイブロウパレットで目ぢからアップ

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」8月号では、コンプレックス解消メイクを掲載中。今回は、アイブロウ部門1位のコスメを使った、目ぢからアップメイクを紹介します。

Image title

フェミニンさの中に
強さが宿る今ドキ顔に


アイブロウ部門 1位

イプサ

アイブロウ クリエイティブパレットで

目ぢからアップ

Image title

¥4200

トレンドの太眉は、目元に視線を集めて印象的に見せる効果抜群! 「赤みを効果的にプラスすることで、太眉でも適度な抜けを作ることができ、今シーズンらしい女っぽさが目元に宿ります。眉の下側を直線気味に描き足すことで、眉と目の間が狭まり、ハーフ顔みたいな雰囲気の目元が完成」


毛の足りない部分を埋める

Image title

パレット右下のブラウンを細ブラシに取り、毛1本1本を描くように足りない部分を線状に埋める。


下辺を直線になるよう描く

Image title

下段右と中央の赤を混ぜ、眉の下辺が直線になるように足りない部分を埋める。眉頭は描かずに抜いて。


全体を赤で染める

Image title

ブラシに下段中央の赤を取り眉尻→眉頭、眉頭→眉尻方向の順に赤みを足す。眉マスカラの要領で、毛に色をのせるイメージでOK。


MAQUIA8月号

撮影/青柳理都子(モデル) 魚地武大(物) ヘア&メイク/高橋里帆〈Three Peace〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/石上智恵子(マキアビューティズ) 取材・文/畑中美香 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

※Amazonはコンパクト版のみの取扱いです。


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN