人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

夏疲れしない! 冷たくてもおいしい! Atsushi流・美腸ランチスープレシピ5選

その他美容

「MAQUIA」8月号では、大人気のAtsushiさんの美肌&美腸に効くお弁当レシピをご紹介。今回は、冷たくてもおいしい美腸スープレシピをピックアップ。夜作っておけば朝そのまま保冷バッグに入れて持っていくだけ!

Image title


\ 僕がお教えします /

野菜ソムリエプロ
Fashion&Lifestyle producer
Atsushiさん

きれいになれるスープやサラダのレシピがモデルの間で大人気。レシピ本『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)も話題。


1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

腸が活性化し、代謝もアップ!
ツナとナスの
ごまカレースープ


材料:作りやすい分量

ナス…小1/2個 パプリカ…1/2個 ごぼう…10cm しょうが…10g パセリ…適宜 水…200ml 固形コンソメ…1個 ツナ(缶詰・ライトオイル)…1缶 カレー粉…大さじ1 酒…小さじ1 白すりごま…大さじ1 


作り方

ナス、パプリカは1㎝くらいの角切り、ごぼうは輪切り、しょうがは千切り、パセリはみじん切りにする。鍋に水、しょうが、ごぼうを入れて煮立たせ、沸騰して1分ほどしたらナス、パプリカを加える。あくを取りに火が通ったら、コンソメ、ツナの缶詰を汁ごと加える。カレー粉、酒、白すりごまを加えて味を調え、最後にパセリを散らす。

滋養強壮にいいあさりで夏バテ撃退
丸ごと玉ねぎとあさりのスープと
干しエビ玄米おにぎり


材料:作りやすい分量

スープ 玉ねぎ…1個 ミニトマト…5個 パセリ…適宜 水…300ml  固形コンソメ…1個 酒…小さじ1 あさり(缶詰・水煮)…80g
おにぎり 玄米ごはん…150g 干しエビ…適宜


作り方

スープ 玉ねぎを丸のまま皮をむき、ミニトマトは半分にカット、パセリはみじん切りにする。小さめの鍋に湯を沸かし、沸騰したら玉ねぎ、固形コンソメ、酒を加え、30分ほど弱火で加熱する(時間があれば1時間くらい)。ミニトマト、あさりの缶詰を汁ごと加え、さらに5分ほど煮て、最後にパセリを散らす。※前の晩に作っておくと、翌朝玉ねぎにしっかりと味がしみ込む。
おにぎり 玄米ごはんに干しエビを混ぜて握る。

高たんぱく低糖質食材でダイエットにも
豆乳&ちくわのスープと梅玄米ごはん


材料:作りやすい分量

スープ ちくわ…4本 枝豆(冷凍)…60g 豆乳…200ml  固形コンソメ…1個 コーン(缶詰)…60g 酒…小さじ1 白すりごま…大さじ1  
梅玄米ごはん 玄米ごはん…150g じゃこ…適宜 白いりごま…適宜 梅干し…1個 小松菜…適宜 


作り方

スープ ちくわは輪切り、枝豆はさやから出しておく。鍋に豆乳を入れ、沸騰しないように加熱し、ちくわ、固形コンソメを加える。枝豆、汁をきったコーンを加え、酒、白すりごまを入れ味を調える。
梅玄米ごはん じゃことごまを混ぜた玄米ごはんを容器に入れ、種を取ってまな板の上でたたいた梅干し、刻んだ小松菜をのせる。

コンビニ食材だけで作れて、栄養も満点
サラダチキンのトマトスープ


材料:作りやすい分量

ブロッコリー(冷凍)…50g 枝豆(冷凍)…60g サラダチキン…1個 トマトジュース(無塩)…200ml 固形コンソメ…1個 酒…小さじ1 パルメザンチーズ(粉)…大さじ2 ブラックペッパー…適宜


作り方

ブロッコリーと枝豆は解凍し、枝豆はさやから出し、サラダチキンは食べやすい大きさにさいておく。鍋にトマトジュースを入れて加熱し、沸騰したらサラダチキン、枝豆、ブロッコリー、固形コンソメ、酒を加える。パルメザンチーズ、ブラックペッパーを加える。

お酢の効果で夏疲れの回復力アップ
エビのブラックペッパースープと玄米おにぎり


材料:作りやすい分量

スープ ごぼう…10cm パプリカ(赤)…1/2個 さやいんげん…40g しょうが…10g 水…200ml  むきエビ…80g 固形コンソメ…1個 ナンプラー…小さじ2 酢…小さじ2 酒…小さじ1 ブラックペッパー…適宜 
おにぎり 玄米ごはん…150g 梅干し…1個 じゃこ…適宜 万能ねぎ…適宜 おにぎり用焼き海苔…1枚


作り方

スープ ごぼうは縦半分に切ってから斜め切り、パプリカは千切り、いんげんは2㎝、しょうがは千切りにする。鍋にごぼう、しょうが、水を入れて煮立たせ、沸騰したらパプリカ、いんげん、むきエビを加える。あくを取りに火が通ったら、固形コンソメ、ナンプラー、酢、酒を入れて味を調える。最後に多めにブラックペッパーを振る。
おにぎり 玄米ごはんに、種を取ってまな板の上でたたいた梅干しと、じゃこ、刻んだねぎを混ぜて握り、海苔で包む。


MAQUIA8月号

撮影/sono〈bean〉 スタイリスト/洲脇佑美 料理製作/Atsushi 取材・文/和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

Atsushiさんのレシピを見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN