2017年を引っ張るのは女性!ムーン・リー先生が占う、強運の持ち主になれる秘訣

ライフ
いいね! 3件

「MAQUIA」1月号では、2017年星の流れを掴んで強運の波に乗るにはどうするべきかムーン・リー先生に聞きました。素直な心構えが強運体質に導く?

Image title

今年も残りわずか。そろそろ2017年の準備をはじめたいところ。「願えばすべて叶う!」そんな強運の持ち主になれる秘訣を教えます。


教えてくれたのは…

ムーン・リーさん

西洋占星術師。辛口かつストレートな語り口と的中の高さが評判。また、幼少期から霊感が強く、あらゆる物事をズバッと言い当てていたとか。


前半はバランス力がカギ!
後半は二極化の時代が到来


日本&世界の平和は
女性指導者にかかっている

 ここ最近、目まぐるしい活躍を見せている女性政治家。小池百合子さんは東京都知事、蓮舫さんは民進党代表、テリーザ・メイさんはイギリス首相、パク・クネさんは韓国大統領、ヒラリー・クリントンさんはアメリカ新大統領が濃厚……など、日本はもちろん、世界の政治や経済を動かしている主要国の代表に女性が選ばれている。

それは我慢や試練を意味する土星が、海外や宗教、哲学、思想などが支配する「射手座」に少しずつ移動しはじめていることに関連しているの。戦争や宗教問題など国同士でトラブルが勃発しやすく、それを平和的に解決するのが女性。土星が「射手座」に片足を突っ込んではいるけれど、まだもうひとつの片足は「天秤座」に留まっている。

さっきも言ったけれど、天秤座の守護惑星は金星。金星は愛と美の女神「ヴィーナス」、ヴィーナス=女性を示すことになるから、このタイミングで多くの女性政治家が選出されているってことは、世界中で起きている、もしくは起きるであろう難問を解決できるのは女性しかいないってことね。

もし、男性が主導権を握ると「ここはいっちょ戦争で解決!」って大胆な決断をする可能性大。一方女性政治家たちは、みんなの平和を守るための正義感ではなく、自分の幸せを一番に望んでいるからこそ、まわりが不幸なままだと、いつまでたっても自分に幸せがまわってこないと内心思っている。一見すると打算的で非情な人だと思うけど、実はこれが合理的。

そういう人がトップに立つってことは、自分のためにも、周囲を引っ張っていくし、元来心根が悪い人たちではないから、自分の目標が達成したからといって見捨てるようなことはしない。しかも女性っていう時点で、シビアな面を持っているから、万が一、戦争レベルの問題が起きても、「このミサイルは1発いくら?」「この自然を破壊したら、戻すまで何年かかるの? 被害額はいくら?」と、お金の計算が先に立ち、きっと戦争は起きないはず。だから、女性がトップにいるうちに、今抱えている問題をどんどんクリアにしていくと、世界に平和が訪れるわ。

もし2017年のうちに解決できないと、2018~2019年にかけて、ヒトラーのような独裁者が現れて、世界中が大混乱に陥るわよ。


地震などの天災や
ウイルス感染にも注意して

 これは2年前から続いていることだけど、空か陸に何か不吉な予感が。地震や洪水などの天災が起きるかもしれないし、2~3月頃は危険なウイルスが蔓延して世界中がパニック状態になるかも。しかもけっこう長引きそう。積極的に腸活を取り入れて、どんな状況になっても、耐え抜くだけの免疫力を高めておくことが必要になるわね。腸を整えておくと体調も良くなるし、お肌の調子もよくなって、一石二鳥じゃない?


素直な心構えが
強運体質に導く

 よく鑑定にいらっしゃった方が、「明日から鑑定結果のようになる!」と、勘違いされるのだけれど、ただ何もせずその日を待ちわびていても、何も起きないかもしれないし、もしくは気づかずに通り過ぎているかもしれない。占いがすべてではないけれど、鑑定時のアドバイスを素直に受け入れ、実行している方は、自然と強運体質が身について、次から次へと目標を達成しているのは確か。その努力が1日で現れる人もいれば、1カ月かかる人もいる、個人差があるのはあたりまえ。

まずは物事をポジティブに捉え、いい気を受け入れる体質をつくることね。どんなにつらくても、継続すれば、必ず結果は現れるから、辛抱強く続けてみて。2017年がどうなるかは、あなたの信念と行動次第よ!


MAQUIA1月号

イラスト/maegamimami 取材・文/佐藤 梓 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN