バレエ界を震撼させた事件の真相が明らかに!『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 0件

日々の過酷なレッスンに裏打ちされた華麗なバレエの舞台は、誰もがその美しさにうっとりしてしまうもの。ただしその美しいステージの舞台裏は、挫折や苦悩、嫉妬などがあふれるまさに人生の縮図! フィクションよりもおもしろい、ドラマチックな人間ドラマをご覧あれ。


世界を震撼させた

事件の真相を追う

ドキュメンタリー!

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』

監督/ニック・リード 出演/マリーヤ・アレクサンドロワ、アナスタシア・メーシコワ、マリーヤ・アラシュ、セルゲイ・フィーリン、ウラジーミル・ウーリン 配給/東北新社 公開/9月19日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー © 2015 RED VELVET FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED

〈ストーリー〉

創立から240年のボリショイ・バレエ団。520億円をかけて完成した新装ボリショイ劇場では、250人のダンサーと3000人のスタッフが創り上げるバレエとオペラが、年間400回以上も上演される。映画では頑に閉ざされていた舞台裏に史上初めて入り、練習風景だけでなく2年前の大事件の真相をも追う。


ニュースでは知り得ない

ダンサーたちの

赤裸々な告白にビックリ!

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

2013年。ボリショイ・バレエ団の芸術監督セルゲイ・フィーリンが何者かに顔面に硫酸を浴びせられるという事件が発生。役をもらえないことでフィーリンと対立していたソリストのパーヴェル・ドミトリチェンコが逮捕されるという、映画顔負けのドロドロな展開に世界が震撼しました。事件はドミトリチェンコに懲役6年の判決がくだされたことで解決したかに見えましたが、映画で描かれるダンサーたちの赤裸々な証言から、私たちが知っている情報は氷山の一角にすぎないことがわかります。


まるでマンガの世界!!
嫉妬・権力・ ドロドロの人間関係がスゴっ!>>>


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN