「口紅が服に」「ポーチが汚れすぎ!」こんなときどうする?プロが教える“美のお片づけ法”

ライフ
いいね! 3件

コスメ好きだからこそ、なかなか片づかないと悩んでいませんか? 「MAQUIA」2月号では『美運UPのお片づけ』を掲載中。清潔なツールでメイク上手&美運UP。

Image title

知っておきたいそうじのコツ

美のそうじ・片づけ編

Q1.コスメのボトルの汚れを落とすには?
A.「かんたんマイペット」、アクリルブラシなどが便利

「『かんたんマイペット』を布巾などにふきかけてふくのがおすすめ」(かずのすけさん)、「ボトルのホコリは、広い部分は花王の『クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ』で、細かい部分は100円ショップで買えるアクリルタイプの筆でそうじを」(松橋さん)


Image title

アクリルの筆はフタの周りなど細かい部分のホコリのそうじに便利。


Image title

住まいのふきそうじに幅広く使えるスプレー洗剤。かんたんマイペット 400ml ¥285(編集部調べ)/花王


Q2.ファンデーションが机に付いたときの落とし方は?
A.中性洗剤で簡単に落とせます

「台所用の中性洗剤は、油を落とす効果があるので、布巾などにつけてふけば机についたファンデーションも落とせます」(松橋さん)


Q3.マニキュアをこぼした!どうやって落とす?
A.「オレンジエックス」で落としましょう

「天然のオレンジオイルで頑固な汚れも落とす『オレンジエックス』という洗剤がおすすめ。5倍に薄めてふきそうじを」(松橋さん)


Image title

オレンジオイルが主成分の洗剤。衣食住すべての汚れに使える。オレンジエックス 250ml ¥1500/オレンジクオリティ


Q4.口紅やファンデーションが服に付いちゃった!
A.「オキシクリーン」でシミ抜きを

Image title

酵素と直塗りヘッドでシミをピンポイント洗浄。オキシクリーン マックスフォースジェルスティック 175g¥700/グラフィコ


Image title

1.シミを軽くお湯で濡らし、右の「オキシクリーン」をシミになじませる。


Image title

2.シミを歯ブラシで軽くたたき、下に当てた布に汚れを移す。

Image title

3.下の布に完全にシミが移ったらお湯ですすぐ。(指導/松橋さん)


Q5.コスメポーチが汚れすぎ!
A.シミ抜きをしてから手洗いを

「Q4と同様『オキシクリーン』でシミ抜きし、おしゃれ着用洗剤で手洗いしてすすぎ、脱水を1分かければ風合いが保てます」(松橋さん)


Q6.ヘアブラシってどう洗うの?
A.中性洗剤で振り洗いを

「髪を取り除き、中性洗剤を混ぜたぬるま湯の中で振り洗い。すすいだら粗い目のくしで根元をとかすようにするとスタイリング剤も取れます」(清水さん)


Image title

1.ブラシの髪を除去した後、中性洗剤を少量入れたぬるま湯につけて振り洗い。


Image title

2.水ですすいだら柄を持って水気を落とし、タオルにブラシ部分を下にして置き、陰干し。


Q7.ドライヤーの片づけ場所に困ります
A.ボックスファイルに入れて本棚へ

「ボックスファイルに入れて本棚に収納を」(きさいちさん)。コードを巻きつけると傷んで発火の原因にもなるのでゆるく巻いておくのが◎。

Image title

ボックスファイルに入れると本棚に並べておけるので、床や机に置きっ放しにならない。


OK

Image title



NG

Image title

コードを本体に強く巻きつけるとコードが損傷するのでNG。


MAQUIA2月号

撮影/藤澤由加(物) フルフォード 海(取材)  取材・文/和田美穂  構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN