人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

お疲れ女子に捧ぐ! 鉄・たんぱく質・クエン酸etc. 疲れを防ぐ食材&食べ方ガイド

ライフ

毎日の食事で「老け」と「疲れ」は防げる! 「MAQUIA」12月号では、管理栄養士の松村和夏さんに疲れない食べ方と食材を教えて頂きました。
Image title


食材・食べ方次第でカラダは変わる!

大人女子のための
老けない・疲れない食べ方

Image title

教えてくれたのは…

管理栄養士 松村和夏さん
調理師。食生活アドバイザー。看護学校や大学院の講師や、飲食店のメニューアドバイザー、スポーツ選手の栄養指導など幅広く活躍。

最新の著書は『太らない疲れない老けない 大人女子の食事術』(主婦の友社)。


 疲れない食べ方は? 

ビタミンB₁やCなど
疲れを防ぐ栄養素をとって

「体でエネルギーが作られるのを助けるビタミンB₁や、ストレスに対抗するホルモンの生成を助けるビタミンCをはじめ、左でご紹介するような栄養素が不足すると疲れやすくなるので、毎日の食事でしっかりとりましょう。また、老けない食べ方と同じく、いろいろな食品からバランスよく栄養素をとることは、疲れないためにも基本ですし、食べ過ぎると内臓がフル稼動して負担がかかり、老化だけでなく疲れも招くのでNGです」


 食材は? 

Image title

ビタミンC

ビタミンCが不足すると、ストレスに対抗する副腎ホルモンが十分に作られず疲労を招く。柑橘類や野菜などに多いので補って。


ビタミンB群

糖質や脂質、たんぱく質を代謝し、エネルギー産生を助けるのがビタミンB群。不足するとエネルギー代謝が低下して疲れを招く。きのこや雑穀、豚肉、青魚などに豊富。


疲れやすいのは貧血が原因になっている場合も。鉄分を補って貧血予防を。鉄分は牛肉などの赤身の肉、しじみなどの貝類、卵黄、ほうれん草などに多く含まれる。


たんぱく質

たんぱく質が不足すると代謝が落ち疲れやすくなる。1食分で手のひら1枚分程度のたんぱく質をとるようにするのが理想的。


クエン酸

クエン酸は、エネルギー源のひとつであるグリコーゲンを体に補充し、疲れにくい体に。柑橘類やお酢、梅干しなどに多く含まれる。




MAQUIA12月号

撮影/sono〈bean〉 スタイリスト/竹中紘子 料理・レシピ/松村和夏 取材・文/和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN