ルーティンを見直すことで人生が変わった!わたなべぽんさん流”やめる”の極意とは?

ライフ

なんとなく繰り返している習慣や染みついた思考パターンに疑問符を。「MAQUIA」2月号から、『やめてみた。』が成功するポイントを大公開。実践して日常をもっと輝かせて。Image title

試してみた話題の1冊
やめてみた。

本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

Image title

何も考えずに続けていた習慣、使っていたモノをやめてみたら、生活が、心の中が変わった! もっと幸せに、楽に生きるためのヒントが詰まった1冊。わたなべぽん著
幻冬舎刊 ¥1000


やめてみる。が成功する3つのポイント

自分の価値感に気づけば
ハッピーになれる!

“やめてみる。”ことのメリットは、自分を客観的に見直すことにある、と語るぽんさん。

「何をやめるか決めたり、やめてよかったことを考えるのが面白いんです。例えば炊飯器をやめたら、手軽さよりごはんの味を重視する価値観に気づいた。似合わないという思い込みを見直したら、自分のセンスより人からの評価を重視していたことに気がついたとか。そうすると、自分にとって本当に必要なこと、やりたいことを選べるようになるから、毎日が楽に、幸せになるんだと思います」

point1

まずは面倒だと思っていることから
見直してみる

「みんなが当たり前にやっているから自分もしていること、日々面倒だと思いながらも続けていることを探して、それをやめてみたらどうなるかシミュレーションします。うまくいきそうだと思えば、“やめてみる。”ことを実践しましょう」

point2

やめる=一度離れること。
禁ずることではない

「やめたことを、再開してもOK。例えばジャンクフードを久々に食べたら、すごくおいしくて少量で満足できたとか。惰性で続けていたことを一度ストップすることで、再開したとしてもよい変化、新鮮な気づきがあるはずです」

point3

やめることにメリットがあれば、
すんなり続けられる

「私の場合、コンビニへ行くのをやめたら段取り上手になって、じゅうたんを敷くのをやめたら掃除が楽になりました。よい変化があると“やめてみる。”が長続きするし、ほかにもやめられることを探してしまうんです(笑)」

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN