冷えがちなお尻はタオルを使ってブルブルマッサージ! パーツ別温めテクニック

ライフ
いいね! 1件

手足や首、肩、お尻と、冷え注意報発令中!「MAQUIA」1月号から、この冬活用したいあっためワザをQ&Aでサクッと解説。

Image title

あっためワザ
パーツ編
手足や首、肩、お尻と、冷えはあちこちに発生。パーツごとに最も効果的な方法で温めて。

【あなたの冷えタイプは?】まずはこちらの記事で診断⇒☆☆☆

教えてくれたのは…

東洋医学研究所附属
クリニック自然医療部門

川嶋 朗先生
東京有明医療大学教授。医学博士。漢方をはじめとする、さまざまな代替医療、伝統医療を取り入れ、西洋近代医学と統合した医療を行う。


目黒西口クリニック

南雲久美子先生
冷え症、自律神経失調症をライフワークとし、東洋医学と西洋医学を融合した治療を行う。『冷え症・貧血・低血圧』など著書多数。


Q.指先の冷えがつらい
A.手のひらの汗に注意

「手のひらに緊張性の汗をかくと気化熱で冷えるので、こまめに汗を押さえて。手首を温めたり、リラックスできる飲み物やアロマを身近に置くのも有効です」(南雲先生)

Q.体の中で冷えやすいパーツは?
A.心臓から最も遠い末端

「心臓から遠い末端が最も冷えやすい部分。また、首、足首、手首、おなか、腰、太ももなど血流が多い部分は冷やすと全身冷えにつながります」(川嶋先生)


首や耳、頭用のウォーマー。カイロが入るポケットも。しろくまのきもち WARMTUBE ¥2362/ビッグウィング

Q.肩を温めるおすすめグッズは?
A.温熱ピローや温熱シート

「肩用の温熱ピローや温熱シートが出ているので活用を。ホット用のペットボトルにお湯を入れてタオルなどに包んで肩を温めるのもおすすめ」(川嶋先生)

首や肩、腰、おなかなどに直接貼れる蒸気で温める温熱シート。めぐりズム 8枚入 ¥762(編集部調べ)/花王

Image title

Q.足が冷えてつらいです
A.あんかや湯たんぽ、
ブランケットの活用を

「現代冷えは手足やワキに汗をかきやすく、そこから冷えるため、暑くなったら蹴飛ばせるあんかなら安心です。オフィスではブランケットを活用しましょう」(南雲先生)


(上)20分の充電で最長8時間持続。蓄熱式エコ湯たんぽ nuku 2 EWT-1740 ¥2780/スリーアップ (下)電源はUSBポートに接続して使えるブランケット。ブルーノ USBブランケット M ¥4000/イデアインターナショナル

Q.お尻が冷えがち。
よい対策は?

A.タオルを使って
ブルブルマッサージを

「タオルを縦に巻き、ゴムで左右の端を留め、両端を持ちます。これをお尻や腰に当てて左右に動かしお尻や腰をブルブル振動させれば筋肉がほぐれて血流アップ」(川嶋先生)


タオルの両端を持ち腰に当てる。タオルを左右に動かし、腰をブルブル振動させる。腰が温まるまで行って。

タオルをお尻の下に回して両端を持ち、やや上に向けてタオルを左右に動かしお尻をブルブル振動させる。

Q.使い捨てカイロを貼るならどこ?
A.おなか、腰、太もも、仙骨
「血管が集中するおなか、腰、太ももに貼れば効率よく全身が温まります。また仙骨(骨盤上部の三角形の骨)に貼ると副交感神経が優位になり全身の血行が促進」(川嶋先生)

Q.顔や頭の冷えを取りたい
A.耳もみが効果的

「ツボが集まる耳を刺激すると頭や顔の血流がよくなるので耳もみが効果的。耳をつまみ、上、横、下に強めに5秒引っ張るだけ」(川嶋先生)

Q.足裏を効率よく温めるには?
A.ゴルフボールでマッサージを

「足裏は自分では刺激しづらい場所なので、ゴルフボールでマッサージをするのがおすすめ。床にゴルフボールを置き、足裏を当て、コロコロ転がすだけ。むくみも改善します」(川嶋先生)

MAQUIA1月号

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/武田亜利紗 モデル/山賀琴子 取材・文/国分美由紀 和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)

【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN