アラサー女子に捧ぐ! シュールでキッチュな恋愛セオリー映画『リザとキツネと恋する死者たち』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 2件

妙にグロテスクな描写があったり無駄にセクシーだったり、シュールなネタに爆笑したり恋愛要素にキュンとしたり……。ちょっとレトロな世界観と日本文化へのオマージュが乙女心をくすぐる、最高にチャーミングなハンガリー映画の登場です。日本人だからこそ笑えるポイント満載なのもこの作品の魅力です! 


ファッションも美術も

音楽も演出もおしゃれ♡

オタク女子のドタバタな恋

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『リザとキツネと恋する死者たち』

監督/ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ 出演/モーニカ・バルシャイ、デヴィッド・サクライ、ガーボル・レヴィツキ、サボルチ・ベデ=ファゼカシュ 配給/33 BLOCKS(サンサンブロックス) 12月19日(土)新宿シネマカリテ他、全国順次ロードショー 

<ストーリー>

元日本大使の未亡人マルタの専属看護師として住み込みで働くリザは、日本の恋愛小説が大好き。唯一の友人は、彼女にしか見えない日本人歌手の幽霊トミー谷。軽妙な歌とダンスで、孤独なリザをいつも元気づけてくれていた。30歳の誕生日を迎えた日、マルタに2時間だけ外出することを許してもらったリザは憧れのハンバーガー店へ。ところがちょうどその頃、家ではマルタがベッドから転落し、帰らぬ人となっていた……。


映画で描かれる

へんてこな日本文化が

最高に笑える!!

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

30歳の誕生日を迎えてもなお、恋愛小説に出てくるようなドラマチックな出会いに憧れる、恋に免疫のないちょっとオタクな女子のお話。……てちょっと、日本の少女マンガの映画化? 実はこれ日本文化が大好きなハンガリーの売れっ子CMディレクターによる、記念すべき長編デビュー作。1970年代のブダペストを舞台にした、れっきとしたハンガリー映画なのです。とにかく、劇中に登場する日本文化がいちいちツボ。冒頭から日本の恋愛小説をヒロインがぎこちなく朗読したり、トミー谷なる幽霊歌手が全編日本語の昭和歌謡を軽快なステップを踏みながら歌っていたりと、日本語が理解できる日本人だからこそ笑えるポイントがてんこ盛り。


監督の日本文化や日本映画への

オマージュと愛を感じる作品>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN