楽しみながら毎日コツコツと。君島十和子さんの「朝の美容習慣」とは?

ライフ
いいね! 0件

「MAQUIA」7月号では君島十和子さんの美の秘訣を探るべく、十和子さんの美容漬けライフに密着しました

Image title

''No Beauty, No Life'' な日常
君島十和子
の楽しみながら24 時間美容漬け

“年齢はただの記号”というフレーズがピッタリな十和子さん。美しく年齢を重ねる秘訣は? そんな疑問を解消すべく、美容漬けライフに密着!


美容は日々の基礎訓練。続けることに意味がある

 50歳を越えてもなお、私たちの憧れであり続ける十和子さん。
「顔には自分の生き方が出ると思うんです。だからこそ、毎日の積み重ねが大事。黙々とこなしながら、次の課題が出てきたら対応して。美容はある意味、スポーツと似ているかもしれませんね」
 傍から見るとストイックとも思える数々のケアも十和子さんは楽しんでいるのが印象的。「ストレスは美容にとって天敵。やらなきゃと嫌々やるよりも、無理のない範囲でできることを続けるほうが大事です」。芯がありつつもしなやか。そんな十和子さんの美容セオリーには、美ファーストな生き方の正解が詰まっている。

「化粧品は特効薬ではありません。結局、日々積み重ねてきた習慣には勝てないんです。」
30代までは一夜漬けのスペシャルケアで挽回もできたけれど、40半ばを過ぎてからはそうもいかなくて。毎日、基本的なケアをコツコツとがんばる。美に付け焼刃は効かない、と本当に思うんです。


AM6:00

「おはよう」と同時に背伸びで酸素を全身に

ベッドから立ち上がったら、そのまま大きく背伸び。朝のフレッシュな空気を取り込むと同時に、眠っている間に固まっていた筋肉を解きほぐします。これはもう無意識の習慣。

AM6:00

朝食旬の野菜を使ったサラダとゆで卵が定番メニュー

私にとって朝はバランスを整える時間。たっぷりのお野菜と上質なたんぱく質で一日のスタートを切ります。

AM6:00

乳酸菌は毎日&色んな種類を取り入れることを意識

腸内環境を整えるためにヨーグルトは毎朝必ず。様々な菌を摂りたいので、銘柄は特に決めず、毎朝違う種類のものをいただきます。

AM6:00

新鮮なバルサミコ酢とオリーブオイルがサラダのお供

ドレッシングは使いません。鮮度の良い状態でいただきたいので、あえて小ビンで購入。バルサミコ酢はモデナ産のものにこだわりが。

AM6:00

アクティブな家事がスタイルキープの秘訣

家事も工夫次第で立派な美容時間に。屈伸やつま先立ちをしながらの掃除は良い運動になります。パックしながら家事をすることも。

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/黒田啓蔵〈Three PEACE〉 スタイリスト/江島モモ 構成・文/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN