毎日のお風呂タイムを見直し! うる肌が叶うボディ磨き基本のき

ライフ
いいね! 0件

「MAQUIA」2月号で掲載中の『美人風呂100問100答』より、バスタイムで使う愛用品から手順まで気になるルーティンを聞きました。角質ケアはどれくらいの頻度ですればいい?

Image title


バスタイムの過ごし方で美BODYにアップデート

磨く! 痩せる!キレイになる!

美人風呂100問100答
毎日のお風呂タイムは、キレイをつくる魔法の時間。正しく入れば美肌も美髪も痩せボディも思うがまま。専門家や美女が指南する“究極の入浴法”を大公開します。


教えてくださったのは美人風呂マスター

東京都市大学
教授、医師
早坂信哉先生

東京都市大学教授、医師、博士(医学)、温泉療法専門医。入浴を医学的に研究している第一人者。『世界一受けたい授業』などにも多数出演。


美容家
小林ひろ美さん

美・ファイン研究所、リバイタライズサロン クリーム主宰。身近なものや生活に沿った美容法や、心地よいライフスタイルを提案。


ヴェレダ
商品トレーナー
伊藤久子さん

ヴェレダの教育に関わり12年。本社からの最新のオーガニックやハーブに関わる情報を、指導やリリースを通し日本全国に伝えている。


ボディ磨き編

洋服に隠れている部分はケアを怠りがち。バスタイムではそんなボディの肌を、しっかりチェック&いたわってあげましょう。


Q1 体は何を使って洗うといい?
A. 素手と天然素材のスポンジを使い分けて

「乾燥初期は天然素材のスポンジ+普通のボディソープ、超乾燥は天然素材のスポンジ+天然素材のボディソープ、かゆくなるほどの乾燥期は天然系ソープで脂ゾーンのみ手洗いを」(小林さん)

Image title

(右)エーゲ海の天然海綿を使用。DHC天然海綿ボディスポンジ ¥1500/DHC

(左)コットンの3層メッシュ構造。キュレル素肌いたわりタオル オープン価格/花王


Q2 湯船に浸かってから洗ったほうがいい?
A. お湯に入り毛穴が開いてから洗って

「湯に入ると毛穴が広がるだけでなく、水圧で皮膚の汚れが浮くため汚れが落ちやすくなります」(伊藤さん)


Q3 ボディソープや石けんは毎日使っても大丈夫?
A. OKですがよく泡立てやさしくなでて

「体の表面の汚れを落とし、清潔に保つため、毎日使ったほうがいいでしょう。しかし、特に冬は乾燥に気をつけるため、よく泡立てて皮膚をこすりすぎないこと」(早坂先生)

Image title

Image title

(右)クナイプ ムースボディウォッシュ ホワイトハイビスカスの香り 200㎖ ¥1000/クナイプ 

(左)ケアセラ® 泡の高保湿ボディウォッシュ ピュアフローラルの香り 450㎖ オープン価格/ロート製薬


Q4 デリケートゾーンを洗浄するときに気をつけることは?
A.刺激の少ない天然由来の専用ソープを使うと◎

植物療法士
森田敦子さん

「粘膜でおおわれているデリケートゾーンは、刺激を与えない弱酸性のソープで洗って。雑菌の繁殖を防ぐ常在菌の環境を壊さないpH値のものがいいでしょう。また、肌より吸収率が何十倍も高い粘膜に使うため、自然由来のものがオススメ」(森田さん)

Image title

(右)保湿&美白効果を期待。アンティームホワイト クリーム 100㎖ ¥2600、(中)植物由来でさわやかな香り。同 フェミニンウォッシュ 100㎖ ¥2000/サンルイ・インターナッショナル 

(左)ふわふわ泡で菌も洗える。コラージュフルフル泡石鹸 300㎖¥2300/持田ヘルスケア


Q5 ボディの角質ケアはどれくらいの頻度ですればよい?
A.週2くらいで

「週に2回ほどまでに。角質の厚いひじ、ひざ、かかとはもう少し多くてもOK。『ヴェレダ ピーリングボディウォッシュ』は、ピーリングと洗浄、マッサージの三役をこなすのでとっても便利」(伊藤さん)

Image title

角質が気になる部分を中心にマッサージ。

Image title

天然成分のワックスビーズを配合。ホワイトバーチ ピーリングボディウォッシュ 150㎖ ¥2200/ヴェレダ・ジャパン


MAQUIA2月号
撮影/增田勝行〈SIGNO〉(ラブリ分) 久々江 満(物) 内田優子(スミス分) ヘア&メイク/本岡明浩(ラブリ分) 榛沢麻衣(スミス分) スタイリスト/津野真吾〈impiger〉(ラブリ分) モデル/ラブリ スミス 楓 取材・文/栗田瑞穂 谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN