「代謝が上がる鍋レシピを教えて!」冷えを改善する、達人に聞いた絶品・冬鍋レシピ

ライフ

代謝アップで内側から冷え改善!「MAQUIA」1月号から、身体を温める食材と絶品レシピをご紹介。

Image title

【あなたの冷えタイプは?】まずはこちらの記事で診断⇒☆☆☆


代謝アップで体内から改善
食編

冷えを改善するには、食と運動で代謝を上げることも不可欠。効果的な食材とは!?


教えてくれたのは…

東洋医学研究所附属
クリニック自然医療部門
川嶋 朗先生

東京有明医療大学教授。医学博士。漢方をはじめとする、さまざまな代替医療、伝統医療を取り入れ、西洋近代医学と統合した医療を行う。


美容薬膳研究家
ちづかみゆきさん

国際線CAとして勤務後、体調を崩したことを機に薬膳を学び、国際中医薬膳師に。体によく、おいしくてキレイになれる薬膳を提案。


Q.低体温になると代謝
が下がるってホント?

A.本当です

「代謝酵素は深部体温が38〜39℃のとき最も活性化し、体表面も36.5〜37℃はあるのが理想的。体温が下がるほど代謝酵素の活性は低下し、代謝が下がってしまいます」(川嶋先生)


Q.おなかの冷えにいい
食べ物って?

A.鶏肉、羊肉、鮭、ムール貝、
えごま、黒砂糖など

「薬膳では、鶏肉、羊肉、鮭、マス、にしん、ムール貝、えごま、しょうが、わさび、山椒、こしょう、黒砂糖などが内臓を温め、おなかの冷えによいとされています」(ちづかさん)


Q.摂るべき栄養素とは?
A.たんぱく質やビタミンB群
「代謝アップには筋肉を作るたんぱく質、代謝を助けるビタミンB群が不可欠。たんぱく質は肉や魚、卵などに、B群はレバーやまぐろ、うなぎ、納豆などに豊富」(ちづかさん)

1/3

2/3

3/3

Q.代謝が上がる鍋レシピが知りたい
A.キムチの赤鍋
「キムチや味噌、にら、ねぎなどの多くの温め食材を使った赤鍋がおすすめ」(ちづかさん)


赤鍋

材料(2人分)
【具材】 豚バラ肉(薄切り)…120g にら…1/ 2束(60g) 長ねぎ…1本 まいたけ…1パック(100g) 白菜キムチ…150g 
【ベース】 A [鶏ガラスープ…4カップ 酒…大さじ1 しょうゆ…大さじ1 味噌…大さじ1 一味唐辛子…適宜 ]


<作り方>
①豚バラ肉は食べやすい大きさに、にらは長さ4cmに切り、長ねぎは斜めにスライス、まいたけは食べやすい大きさに手で割く。
②鍋にAを入れて火にかけ、沸いたら豚肉を入れてアクを取り、残りの具材も加えて煮る。

Q.代謝が上がる鍋レシピが知りたい

A.カレーの黄鍋


黄鍋

材料(2人分)

【具材】 鶏もも肉…250g カリフラワー…200g(1/2個) ブラウンマッシュルーム…6個 たまねぎ…1/2個 しょうが…1片 かぼちゃ…150g くるみ…10個
【ベース】 鶏ガラスープ…4カップ A [ カレー粉…小さじ2 塩…小さじ1 しょうゆ…小さじ1/2 こしょう…少々 チリペッパーパウダー…少々 ]

<作り方>
①鶏もも肉とカリフラワーは食べやすい大きさに、マッシュルームは縦半分に切り、たまねぎは厚めにスライスし、しょうがもスライスする。かぼちゃはそのまま600Wの電子レンジで2分ほど加熱してから厚さ1cmに切る。
②鍋に鶏ガラスープ、かぼちゃ、しょうがを入れて火にかけ、沸いたらAを加える。
③残りの具材も加え、鶏肉に火が通るまで加熱する。

Q.摂るとよい食材とは?
A.羊肉、豚肉、まぐろ、
海老、ねぎ、にら、
にんにく、唐辛子など

「薬膳では、羊肉、まぐろ、海老、ねぎ、にら、にんにく、唐辛子などの食材が、体を温める“補陽”効果があり代謝アップによいとされています。血を補ったり、精をつける効果のある豚肉もおすすめ」(ちづかさん)

Image title

MAQUIA1月号

撮影/安井真喜子 スタイリスト/河野亜紀 料理製作/ちづかみゆき 取材・文/国分美由紀 和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)

【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN