人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

油を変えたら痩せられた!? スプーン1杯のアマニ油&えごま油を毎日の習慣に

その他美容

「MAQUIA」6月号では、リバウンドしないダイエット法を総力特集。今回は、美と健康をサポートする“オメガ3系脂肪酸”であるアマニ油、えごま油にクローズアップ!

Image title

痩せたいなら

アマニ油えごま油を摂りなさい

いま、美と健康をサポートすることで注目が集まっている油が"オメガ3系脂肪酸"であるアマニ油やえごま油。毎日スプーン1杯とることでカラダと肌にいい効果が!


教えてくれたのは

麻布大学 生命・環境科学部教授
守口 徹先生

日本脂質栄養学会 副理事長。脂肪酸と健康の関係について研究。著書に『カラダが変わる! 油のルール』(朝日新聞出版)などがある。 


日本人は今、

オメガ3系脂肪酸が不足しています!

「体内で作れず食事からとるべき必須脂肪酸にはオメガ6系とオメガ3系があります。オメガ6は加工食品やファストフードなどに多く含まれるため現代人はとり過ぎ気味で、これがアレルギーや生活習慣病やがんなどの原因に。一方、オメガ3は中性脂肪値の低下や、アレルギーの予防のほか、肌や髪の保湿、がんやうつ予防など美と健康への効果大。オメガ3はアマニ油やえごま油、魚の油に含まれますが、魚の摂取量が減っている日本人のオメガ3の摂取量は激減傾向に。意識的にとりましょう」

Image title

日本では魚介類の摂取量が年々減少し、現在は魚介類より肉類の摂取量のほうが上回っている。このため魚の油に含まれるオメガ3系脂肪酸の摂取量も激減。


オメガ3系脂肪酸には、こんな効果が!

効果1

中性脂肪値を下げる

効果2

アレルギーやドライアイの予防・改善

効果3

肌や髪に潤いを与える

効果4

がん・うつを防ぐ



えごま油

えごまの種子から搾った油で、しそ油とも言われる。オメガ3系脂肪酸が豊富。サラッとしていて風味に癖がなく料理の味を邪魔しない。熱に弱く酸化しやすいので、加熱調理には向かない。


アマニ油

亜麻の種子から搾った油。とろりとした舌触り。製品によっては渋みやえぐみがあるものもあるが、最近は癖のないものも多く登場。えごま油と同じく、酸化しやすいため加熱調理には不向き。


魚の油(DHA/EPA)

青魚にはオメガ3のEPAやDHAが豊富。脳細胞の活性化や、うつや認知症の予防、記憶力向上、精神安定、ドライアイ改善などの効果があるとされる。ブリ、サンマ、イワシ、アジなどに多い。

Image title

(右から)biologicoils 有機 アマニオイル 229g ¥1560/ビープル バイ コスメキッチン、 maruta えごまオイル 180g ¥1000/太田油脂(左)サヴァ缶 国産サバのオリーブオイル漬け 170g ¥380/岩手県産



MAQUIA6月号

撮影/sono〈bean〉 スタイリスト/河野亜紀(フード) 取材・文/和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

食べ痩せの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN