洗って押してマッサージまで!MAQUIA4月号の付録“ブラシ洗いてんとう虫”の使い方を解説

ライフ

「MAQUIA」4月号には、大人気ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさんとマキアが共同開発した”ブラシ洗いてんとう虫”の付録が! 使い方を徹底解説します。

Image title

洗って押してマッサージまで

ブラシ洗いてんとう虫
7つの“使える”!

女性のリアルに寄り添ったアドバイスが大人気の長井かおりさんが「ぜひ使って欲しい!」とブラシ洗いツールをマキアと共同開発!

Image title

人気ヘア&メイクアップアーティスト

長井かおりさん監修

誰でも実現できるリアルなメイクメソッドで女性から支持を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト。メイク講座はいつも大盛況。

Image title

あれこれできる欲張りな
ブラシ洗いができました!

「メイクブラシを清潔に保つために、洗ったほうがいいのはわかっているけれど、実際ブラシの洗い方がわからない方って多いですよね」と長井さん。

そこで最近、美容好きの間で話題になっているシリコン製のメイクブラシクリーナーに着目。

「ブラシが傷むことなく洗えるのはもちろんですが、こだわったのは水切りと乾かし方。ギュッと握って水を切ったり、タオルの上に置いて乾かすとブラシの使用感がどんどん悪くなっていってしまいます。このブラシ洗いてんとう虫ならそんな心配もなくブラシを清潔に保てます」

しかも、ブラシ洗いとしてだけでなく、マッサージツールにもなるというスグレもの。1つと言わず、もう1つ欲しくなる自信作の完成です。


ココがポイント!

サイズの違うブラシ
7本を同時に乾かせる

「ブラシを洗った後はタオルに置いて乾燥するしかなかったのが前々から不満で。これはフェイスブラシやアイシャドウブラシなどサイズの違うブラシが7本同時に乾かせます」


ココがポイント!

洗いも水切りも
マッサージもおまかせ

「凹凸が密すぎても粗すぎてもブラシの汚れが落ちにくくなってしまうため、この隙間具合にこだわりました。また、プッシュボタンをつけたことで水切りもマッサージもしやすく」

Image title

ブラシ洗いてんとう虫

\7つのこだわり/

ナナホシテントウをモチーフに、ブラシを洗うだけでなく、水切りも乾かしもOK。しかも、ツボ押しやマッサージにも使えるなど、使い方は7通り!

こだわり1

大切なブラシを
やさしく洗える

裏面の凹凸面でブラシ洗いを。フェイスブラシやチークブラシは洗濯板部分で、アイシャドウブラシは先端のポツポツ部分を使い、ブラシを左右に動かして汚れを落としていきます。


大ブラシ

ブラシとてんとう虫を水で濡らし、ブラシの側面を凹凸部分に当て汚れをオフする。毛質によっては中性洗剤を使ってもOK。

小ブラシ

アイシャドウブラシなどは先端部分の凹凸部分を使用。

こだわり2

パフの頑固な

汚れも落とせる

普通に洗ってもパフの汚れが落ち切らないときは、裏面の洗濯板部分に中性洗剤を1滴たらし、汚れた部分をこすり洗い。凹凸面だから繊維の奥から汚れを浮かし出し、キレイにオフできます。

Image title

こだわり3

洗ったブラシを
そのまま水切り

すすいだ後のブラシは、てんとう虫の“口”部分で水切りを。指を入れる部分にブラシの柄を入れ、プッシュボタンを押しながらブラシを引き出すと、ちょうどいい力加減で絞れるよう設計しました。


1 すすいだブラシの柄をてんとう虫の指を入れる部分に入れる。2 “口”部分からブラシの柄を引き出し、プッシュボタンを親指で押しながらブラシを引き抜くと水切りが完了。

Image title

こだわり4

ブラシを立てて
乾燥できる

洗った後のブラシの乾燥は、てんとう虫の“ホシ”デザインの穴に差して。ただし、ブラシを垂直に立ててしまうと水分の重さでブラシの根元が開いてしまうため、斜めに差して乾かすのがおすすめ。


NG

垂直に立たせるとブラシの根本に水分がたまってブラシが開くうえ、乾きにくくなる。

Image title

こだわり5

指に装着して
手のひらのツボ押し

てんとう虫に指を入れ、ツボ周りにプッシュボタンをあてて親指を支えにギュッとツボ押し。凹凸面がツボ周りを刺激してすっきり! 自分が気持ちいいと感じる部分を3~5回プッシュ。

こだわり6

スマホ疲れしやすい
手首は筋膜はがしを!

手首を固定して操作するスマホにより、想像以上に凝っているのが手首。気がついたらてんとう虫で筋膜はがしを。親指を支えに、凹凸面で圧を加えながらゆっくり円を描くようにして動かすのがコツ。

こだわり7

二の腕を
つまんで
マッサージ

あまり触れることがない二の腕は、タルタルと緩みがち。てんとう虫の凹凸面と親指で二の腕をつまむようにして脇の下までマッサージすると、老廃物が流れやすくなりすっきりとします。


MAQUIA4月号

撮影/尊人導〈vale.〉 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN