ビューティ食材で乙女心もアップ! ”桃とバラのスフレグラッセ”のデザートレシピ

ライフ
いいね! 2件

「MAQUIA」10月号から、星谷菜々さんがアイスクリームのように冷たくて、口のなかで軽く溶ける夏のデザートレシピを教えます。

Image title

ほしや なな●料理家。乙女心をゆさぶるおいしくておしゃれなレシピが人気。焼き菓子のイロハを綴った近著『BAKE 焼き菓子の基本』(成美堂出版)も好評発売中。@apron_room


桃とバラのスフレグラッセ

アイスクリームのように冷たくて、口のなかでほどけるように軽く溶ける夏のおしゃれデザート、スフレグラッセ。ホイップした卵白と生クリームに、桃、バラ、ピスタチオといった乙女心を底上げするビューティ食材を閉じ込めて……おすまし顔のおやつタイムはいかが?


今月の美食材
1 桃

Image title

クマリン、ビタミンE、カテキン、ケンフェロール、アントシアニンなどの抗酸化ビタミン、ポリフェノールが豊富。老化予防に一役。


2 食用バラ

Image title

ビタミンC、E、ポリフェノールのほか、香り成分にはリラクゼーション効果や女性ホルモンの分泌を促す作用が。更年期にも◎。


3 卵白

Image title

低カロリーで消化吸収のよいたんぱく質のアルブミンを多く含有。ビタミンB₂が脂質代謝に、抗酸化物質セレンが美肌作りに活躍。


材料(パウンド型1台分)
桃 1個

A
はちみつ 大さじ2
レモン汁 小さじ1

食用バラ 2輪
殻つきピスタチオ 40g
生クリーム 100㎖
卵白 1個分(冷蔵庫で冷やす)
きび砂糖 小さじ2

仕上げ用
はちみつ 適量
桃 適量
食用バラ 適量
ピスタチオ 適量


作り方

1 桃は皮をむいて、一口大に切る。ボウルに入れてAを和える。

2 バラはガクをとって花びらをばらす。ピスタチオは殻をむき、粗く刻む。

3 大きめのボウルに生クリームを入れ、底を氷水にあてながら八分立てにする。

4 別のボウルに卵白を入れ、底を氷水にあてながら泡立てる。白く泡立ってきたらきび砂糖を少しずつ加え、ピンと角が立つまで泡立てる。

5 3のボウルに1、2、4のメレンゲの1/3量を加えてゴムベラで混ぜる。残りのメレンゲも加え、底からすくい上げるようにして、ふんわりと混ぜる。

6 クッキングシートを敷き込んだ型に5を流し入れ、ラップをして、冷凍庫に一晩入れて冷やし固める。

7 型から取り出し、包丁でカットして器に置き、周りにはちみつをかけて桃とバラの花びらと刻んだピスタチオを飾る。


MAQUIA10月号

レシピ・料理・スタイリング/星谷菜々 撮影/福尾美雪 栄養素監修/関口絢子 構成・文/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN