体内リズムを整えれば肌も人生もうまくいく!体を活動モードにする「時間美容」とは?

ライフ
いいね! 1件

私たちの体や肌の状態は体内リズムに左右されている!? 「MAQUIA」10月号から、生活・美容で取り入れるべき習慣をご紹介。「時間美容」で健康も美肌も手に入れて。

Image title


体内リズムの乱れを整えて
健康や美肌を育む「時間美容」

「私たちの体には脳をメインに体内時計がいくつかあり、それらが24時間周期のリズムを正しく刻むことで健康や美肌を育むことができます。その体内時計をコントロールする鍵となるのが、夜に脳から分泌されるメラトニン。この夜のシグナルが細胞に伝わり、体を時刻に合わせているのです。ただ現代人は、不規則な生活や食事、ストレスなどにより、メラトニンの分泌が妨げられて体内リズムが狂い、肌や体、心のダメージを起こしがち。そうならないためにも、日々の生活の中に『時間美容』を取り入れて、体内リズムを正しく整えることが大切です」

Image title

今回、教えてもらったのは…
東京医科歯科大学
教養部生物学教授

服部淳彦先生

メラトニンと脳や体との関係について多くの論文を発表するなど、近年のメラトニン研究を牽引。また、抗加齢医学についても研究。


 体内リズムを整えるためのPOINT 
・朝は覚醒、夜は鎮静するよう心がける

・夜は、光を遮断してメラトニンの分泌を促す
・決まった時間に行う朝の習慣でズレをリセット


 覚醒タイム 

肌・体・心を活動モードへ

とりいれるべき
 生活習慣 

朝は同じ時間に起きる
朝は決まった時間に起きることで、一日のリズムのズレをリセット。夜更しや深夜勤務などがある場合でも、できれば毎日、同じ時間に起床し、決まったリズムを作るのが◎。


毎日同じ時間に朝食を摂る
決まった時刻に朝食を摂ることで、脳や体へ「朝だよ」というメッセージが伝わり、体内リズムが整えられる。また、睡眠中に下がった体温が上がり、体が活動モードにシフト。

Image title


日光を浴びて体内時計をリセット
朝日を浴びると、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が止まり、体を覚醒させるセロトニンが分泌するので、しっかり浴びて。そうすると、夜にメラトニンが出やすい状態に。

Image title


愛の告白や交渉事は15時前後のおやつタイムに

血流が低下ぎみの朝から午後になると、活性タイムに入り、3時のおやつタイムにはもっともポジティブに。デートや愛の告白、重要な交渉事は、おやつタイムがGood!


大切な仕事や勉強は13時〜16時の間に
一日の中で昼間は記憶力や集中力が高まるピークだから、仕事や勉強はこの時間にするのが効率が上がりベスト。昼夜逆転型の人は、昼間にぼ~っとしてしまう危険性が!

Image title


【次のページをチェック!】とりいれるべき美容習慣はこちら! 》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN