甘酒力を信じなさい! そのまま飲んでも、料理にも使える注目の健康&美容ドリンク

ライフ
いいね! 5件

おいしくて満足度も高い甘酒。「MAQUIA」2月号では、甘酒が注目されている理由や、甘酒を使った簡単レシピをご紹介。

Image title

ドリンクにも、お料理にも。
アレンジいろいろ

おいしくてキレイになれる
甘酒力
を信じなさい!

古くから愛されてきた甘酒。近年、その栄養価の高さや健康・美容への効果に、ますます注目が集まっています。「甘酒力」のすごさと、各社おすすめのレシピをご紹介。


甘酒ってここがスゴイ!

さまざまな栄養素がたっぷり!
甘酒は、米と米麹で造る「麹甘酒」と、米麹に酵母を加えて発酵させた酒粕で造る「酒粕甘酒」の2種類。エネルギー源となるブドウ糖や必須アミノ酸のほか、米麹はビタミンB群、ナイアシンなど肌の代謝に関わるビタミン類が豊富。酒粕にはたんぱく質やミネラルなども含まれ、血流改善で体を温める効果も!

発酵のチカラで腸からキレイに
「米麹」と「酒粕」、どちらの甘酒の原料にも含まれているのが「麹」。じつは、麹の酵素から生まれる「オリゴ糖」や「食物繊維」は、乳酸菌などに代表される善玉菌の大好物! これらをエサに善玉菌が増殖することで、腸内環境のバランスが整い、内側からすっきり。さらに、栄養素を分解して消化・吸収もサポート。

飲むだけじゃない! 調味料にも使える
“飲む美容液”とも称される甘酒は、調味料としても優秀。甘みを加えるブドウ糖、うまみとコクを出すアミノ酸の働きで、砂糖やみりん、うまみ調味料いらず。酢やトマトの酸味をほどよく抑え、肉や魚のたんぱく質を分解してやわらかさ&うまみをアップ。ドリンクアレンジやデザートにも活躍してくれます。

Image title

1 酒蔵に湧く恵みの百年水で仕込んだ甘酒。酒蔵仕込み 純米 糀甘酒 ボトル 850g ¥800/福光屋 2 厳選の国産酒粕と米麹をブレンド。森永甘酒 190g ¥115/森永製菓 3 磨き上げられた米麹を使用。麹だけでつくったあまさけ 410g ¥440/八海醸造 4 自然な甘み。ストローつき。プラス糀 糀甘酒 LL 125㎖(オープン価格)/マルコメ


甘酒+αの簡単レシピ!

福光屋

とろりとした甘さにほっこり

ホット甘酒ココア

【材料(1人分)】 
糀甘酒:75g
牛乳:60g
ココアパウダー(無糖):5g
塩:少々

1 小鍋にココアパウダーと糀甘酒少々(約10g)を加えて、ダマがないように練る。
2 残りの糀甘酒を加えてのばし、牛乳を加えて中火にかける。
3 温まったら、塩を加えてよく混ぜる。

2 森永製菓

甘酒3:りんご1が黄金比率

りんご甘酒

【材料(1人分)】
森永甘酒:1本(190g)
100%りんごジュース:60g

森永甘酒をカップに入れて温めたら、りんごジュースを入れてよく混ぜる。

3 八海醸造

驚くほど相性抜群の組み合わせ

トマト甘酒

【材料(1人分)】
麹だけでつくったあまさけ:90g
トマトジュース:90g
レモン汁:少々

グラスに麹だけでつくったあまさけとトマトジュースを入れ、レモン汁を加えて混ぜる。

4 マルコメ

冷めてもおいしさそのまま

甘酒のホットレモネード

【材料(1人分)】
糀甘酒:1.5本(約190ml)
レモン汁:大さじ1

1 糀甘酒を耐熱のマグカップなどに入れて電子レンジで1分〜1分半ほど温め、レモン汁を混ぜる。
2 飾りにレモンスライス(分量外)を添える。


MAQUIA2月号

撮影/清水奈緒 スタイリスト/中野径恵 料理製作/梶山葉月 取材・文/国分美由紀 構成/山下弓子(MAQUIA) 撮影協力/UTUWA


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN