その不調、冷えが原因かも!? 10項目シート&NG習慣診断で冷え度をセルフチェック!

ライフ
いいね! 7件

身体がだるい・生理痛が重い・乾燥肌etc.……あなたのその不調、実は身体の冷えが原因かも。今回は、冷え予防に詳しい美人女医・石原新菜先生に、冷えが引き起こす不調とその原因について教えていただきました。まずはセルフチェックで冷え度を診断!

Image title

漢方・食事療法・自然治療による診療を行いながら、身体を温める美容&健康法を広めている。二児の母で、女性としてのアドバイスにも定評あり。『「冷え」をとれば9割治る!』(海竜社)など著書多数。

ひとつでも当てはまれば冷えのサイン!

まずはセルフチェックで冷え度を診断
チェックシートで、いまの自分の冷え度をチェック。ひとつでも当てはまれば身体が冷えている可能性大! 生活習慣を見直して、早急に冷え対策を。

Image title

ついついやってない? 
冷えを呼ぶNG習慣
実は冷えの原因はあなたの身近なところにアリ。毎日の生活のなかでついついやりがちな習慣が、身体の冷えを引き起こしている! NG習慣を見直して、止まらない冷えに終止符を。


いつもゴロゴロ
運動嫌いで筋肉不足

「冷えの原因の多くは圧倒的に筋肉不足! 体温の約40%は骨格筋が作っているため、筋肉が少ないと身体の熱が不十分に」(石原先生)家でも仕事場でも座りっぱなし、タクシーとエレベーター大好きの運動不足さんは、筋肉不足に要注意。

お風呂はシャワーだけで
ササッと済ます

「シャワーだけだと身体の芯から温まりません」(石原先生)毎日シャワーだけなんて、冷えとりのチャンスを逃し続けているようなもの。できるだけ毎日湯船につかることで、リラックスしながら身体をしっかりと温めて。

身体を冷やす「陰性食品」
をよく食べている

「漢方で身体を冷やすとされる『陰性食品』とは、トマトやキュウリなど夏が旬の野菜や、バナナ・マンゴーなど南国でとれるもの、白米・小麦粉・白砂糖などの精製食品。ダイエットの定番・グリーンスムージーも陰性なので飲み過ぎには注意して」(石原先生)

食事はいつも
塩分控えめ

「神経伝達や筋肉収縮に関わり、胃酸などの消化液、骨の構成成分でもある塩分。昔、東北の人が体温を上げるために塩辛いものを食べたと言われるほど、塩分は体温アップに繋がり、新陳代謝を上げる作用が。冷え性の人が減塩するとさらに冷えてしまうことも」(石原先生)

忙しい毎日で
ストレスフル

「ストレスもNG! イライラ&モヤモヤ、さらに寝不足で交感神経が優位になると、血管が縮んで血行不良に。それが慢性的に続くと身体はどんどん冷えてしまいます」(石原先生)ストレスによる心の冷えは、身体の冷えに繋がると覚えておこう。


効果には個人差があります。

イラスト/森 絵麻 文/増山 百

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN