人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

痩せないのは「夏冷え」のせいかも!? チェックリストで診断&夏こそ“温活”

ライフ

エアコンにさらされる夏ボディは、冬より冷えていることも!「MAQUIA」6月号では、ダイエット美容家・本島彩帆里さんに、夏ならではの温活のヒントを伺いました。

Image title

温めることで痩せ効果up!

本島さん直伝
「夏こそ温活」の極意


夏太り&夏バテは、冷えの副産物

ダイエットの一環として温活を勧めている本島さん。「夏に温活を意識するのは大変ですが、冷えてむくむと脂肪がつきやすくなりますし、冷えからくる不調も多いもの。私も太っていた頃は夏の日差しにあたるだけでクラクラして、しょっちゅう夏バテしていました。ひとつも当てはまらない今は格段に痩せやすくなったので、ぜひ夏温活を取り入れて」

Image title

本島さんも、今より20㎏太っていた頃はこの項目すべてが当てはまっていたそう。当てはまる項目がある人は、紹介した温活のうちできるものをすぐ始めてみて。


冷たい飲み物や食べ物ばかり摂らない

暑いとつい、キリッと冷えたものが欲しくなりがち。「冷たいものをまったく摂らないのは難しいけれど“少し減らす”ならできるのでは? たとえば“美味しくアイスを食べたから、飲み物は常温かホットにしよう”といった具合に、少しずつ取り入れるようにして」


リンパ節をこまめにほぐす

「わきやそけい部、ひざ裏、首のつけ根などはリンパが集中しているゾーン。ここに老廃物が溜まって詰まると冷えに直結するので、かっさを持ち歩くなどしてこまめにほぐすと温めケアに」


トイレにこまめに行く

むくみは東洋医学的には「水毒」で、冷えや体調不良に直結するサイン。忙しいとトイレに行くことをつい忘れがちだけれど、こまめに出して循環させることも立派な水毒予防ケアに。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

発酵食品を食べる

酵素がたっぷり含まれていて、代謝を高める発酵食品は彩帆里'sキッチンの常連。「テンペはお料理にはもちろんですが、そのままおやつにしたりチーズや蜂蜜を混ぜてスウィーツにすることも。塩麹、醤油麹は料理に使ったり納豆のタレ代わりにできるので、冷蔵庫に常備しています」

色が黒い食材を選ぶ

たとえばノリ、黒ごま、ひじき……。本島家の食卓には、黒い食材が登場する頻度が高いのだそう。「東洋医学でいう“腎”の働きをサポートしてくれ、巡りや代謝を高めてくれるのが黒い色の食べ物。ミネラル豊富で滋養強壮効果が高いし保存もきくので、常備して毎日食べるようにしています」

ソックスで巡りをよくする

「脚痩せを考えたら、冷えやむくみケアは重要! エアコンの効いた室内でソックスをはくだけなら簡単だし、むくんだ脚のぽちゃぽちゃ感に効果てきめんです」。巡りの折り返し地点でもある脚を温めれば全身の血流もよくなり、脂肪や水分を溜めにくく。

体温をキャッチして温もりを持続させる特殊繊維を使用。3段階の着圧とオープンなつま先で、日中はもちろん眠るときも快適に。イウミー めぐりソックス ¥3980/エベリスト

汗はこまめに拭き取る

「汗をかいてそのままにしておくと、すぐに体が冷えてしまいます。皆さん顔の汗は気にされるのですが、ボディの汗には意外と無頓着。でも、わきや首など太い血管が通っている部分の汗をそのままにすると、その冷えが全身に伝わるので注意して」。濡れたままにせず、こまめに拭き取るのも立派な夏温活。気づいたらすぐに拭き取りましょう。

ナプキンをオーガニックにする

本島さん自身、「オーガニックナプキンを使うようになって初めて、生理ってしんどくないんだとわかりました」というほどの変化があったそう。ポリマー不使用だからサラッと乾いて冷えず、ニオイやムレも気にならないから一石三鳥。生理が早く終わる、生理痛が軽減したという人も多数。

タンザニア産のオーガニックコットンと木材パルプを使用。シシフィーユ サニタリーパッド ふつうの日用 24個入 ¥600/パノコトレーディング

クレイや木の香りの入浴剤を選ぶ

「夏はついシャワーで済ませがち」という人に本島さんが勧めてくれたのが、クレイや木の香りの入浴剤。「クレイは消臭効果がありますし、日焼けケアにもなります。また、爽やかな天然の木の香りなら、汗ばむ季節も入浴したくなるはず」。もちろん両方を併用してもOKで、しっかり燃焼させたいときは全身浴、リラックスしたいときは半身浴で、短時間でも入浴するクセを。

(右から)本島さんは疲れているときにグリーンを、燃焼させたいときにレッドを使い分け。グリーンはペースト状にして日焼け後のパックにも。クレイ入浴剤 グリーンイライト、同 レッドイライト 100g 各¥1257/アロマ・フランス 檜の香りが漂う、癒し効果抜群の入浴剤。乾かせば防虫剤代わりに。木曽の檜でつくったアロマ入浴剤 約13g ¥450/木曽生活研究所


MAQUIA6月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉 ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/福永いずみ 取材・文/高見沢里子 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN