女に生まれてよかった! 真の友情に涙する。ヒラリー・スワンク、エミー・ロッサム主演『サヨナラの代わりに』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 4件

女の友情は薄っぺらいとよく言われるけれど、本当にそう? 人生最大のピンチに立ち向かう、まったく違う人生を歩んできたふたりの女性たちのドラマをご紹介。どんな状況でも、一緒に泣いて、笑って、共感してくれる“本当”の女友達がいれば最強! 涙が止まらない作品です。


シリアスな内容なのに

見終わった後は

不思議な幸福感に満たされる!

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『サヨナラの代わりに』

監督/ジョージ・C・ウルフ 出演/ヒラリー・スワンク、エミー・ロッサム、ジョシュ・デュアメル 公開/11月7日(土)より新宿ピカデリー他、全国ロードショー 配給/キノフィルムズ  ©2014 Daryl Prince Productions, Ltd. All Rights Reserved. 公式サイト http://sayonarano-kawarini.com

<ストーリー>

高級住宅街に住み、愛する夫や友人に囲まれ何不自由なく暮らすケイト(ヒラリー・スワンク)は、ある日突然ALSを発症し余命わずかと宣告される。ひとりで日常生活を送ることができなくなった彼女は、介助の素人である大学生のベック(エミー・ロッサム)を面接。言葉遣いが下品で家事もろくにできないベックに対し、患者ではなく友人として話を聞いてほしいと採用する。


年齢も生活環境も

まったく違うふたりが

反発しながら友人に!

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

周囲から同情されることにウンザリしているカラダが不自由な主人公が、粗野な介助人と反発しながら友情を築いていく物語。ここまで聞けば、2012年に公開され大ヒットを記録したフランス映画『最強のふたり』を思い出す人も多いはず。正反対の2人が損得勘定抜きで友情を築いていく姿はもはや映画では鉄板ネタです。ただしこの作品が『最強のふたり』とちょっと違うのは、主人公が妻を亡くし友人もいない孤独な中年男ではなく、愛する夫と友人がいる30代の女性だったということ。


浮気する旦那、離れていく友人…

病が分かった途端、ヒロインの人間関係も激変>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN