何もかも上手くいかないときに! 一筋の希望に救われる、橋口亮輔監督『恋人たち』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 3件

『ぐるりのこと。』から7年ぶり。橋口亮輔監督が現代に生きるすべての人たちへ贈る愛すべきヒューマンドラマがついに完成! 人を愛し、傷ついたことのある人は必見です。


どんなに辛い目に遭っても

きっと大丈夫!

愛にあふれた極上ドラマ

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『恋人たち』

監督/橋口亮輔 出演/篠原篤、成嶋瞳子、池田良、安藤玉恵、黒田大輔、山中聡、リリー・フランキー、木野花、光石研 公開/11月14日(土)よりテアトル新宿他、全国ロードショー ©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ 公式サイト koibitotachi.com

<ストーリー>

橋梁点検の仕事をしているアツシ(篠原篤)は、3年前に愛する妻を通り魔殺人事件で亡くした過去があり、まだその悲しみから立ち直れずにいる。自分に関心のない夫とそりの合わない姑と暮らす瞳子(成嶋瞳子)はある日、魅力的な中年男と知り合い、退屈だった日常が華やいでいく。同性愛者のエリート弁護士・四ノ宮(池田良)は一緒に暮らす恋人がいるものの、学生時代からの男友達を思い続けていた。不器用ながらもひたむきに生きる3人の男女を描いた絶望と再生のドラマ。


無名の俳優3人が

リアルに体現する

現代の生きづらさ

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

正直言って、目を背けたくなるほど辛く、息をすることも忘れてしまうほど絶望的な物語です。それでもぜひ劇場に足を運び、なんとか最後まで見てほしい。そう切に願わずにはいられない傑作です。まずは通り魔殺人事件で妻を亡くし、必死に働きながら裁判に備える主人公のアツシから。彼の深い悲しみは想像を絶しますが、弁護士からは「ひどい世の中だからしょうがない」と突き放され、滞納している国民健康保険の支払いをするためにやってきた区役所では、職員に情け容赦ない対応をされてしまいます。


平凡な主婦、ゲイのエリート弁護士…

誰もが普段はひた隠しにしている憤りや悲しみ>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN