たんぱく質たっぷり! 甘くて栄養満点な“豆腐とバナナのもっちりパンケーキ”

ライフ

「MAQUIA」7月号の『星谷菜々の美に効くおいしいスイーツ』では、コクのある甘さで栄養も満点なパンケーキレシピをご紹介。

Image title

ほしや なな●料理家。都内にアトリエ「apron room」を構え、不定期shopとしてオープン。教室、イベントなども行っている。詳細はHP:www.apron-room.com、Instagram:@apron_roomまで。


豆腐とバナナの
もっちりパンケーキ

完熟バナナとメープルシロップのコクのある甘みがなんとも幸せなお食事感覚のパンケーキ。卵、豆腐、バナナでたんぱく質がたっぷり摂れもっちりとした食感なので朝食にしても食べ応え十分。バナナは焼くことでジャムのように甘みが増すのがポイントです。


材料(2〜4人分)
完熟バナナ 2本
絹ごし豆腐 150g
卵(冷えたもの・卵黄と卵白を分ける) 1個
ココナッツロング(軽くいる) 2つかみ
タイム、メープルシロップ 好みで適宜

A
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1

作り方

1 ボウルにバナナ1本を入れ、泡立て器でとろとろになるまで潰す。豆腐、卵黄も加え、つぶしながらよく混ぜる。
2 別のボウルに卵白を入れ、白くふわふわになるまで泡立てる。
3 1Aの粉類をふるい入れ、2も加え、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
4 残りのバナナを縦3等分にスライスする。
5 フッ素樹脂加工のフライパンを中火にかけて、4のバナナを並べる。
6 上から3の生地を平らに流し、蓋をして弱火にして10分焼く。
7 焼き色がついたら裏返し、蓋をしてさらに3分ほど焼く。
8 まな板に取り出し、6〜8等分に切り分ける。器に盛り付け、ココナッツロングを振り、好みでタイムの葉、メープルシロップをかける。


・バナナの自然な甘みがあるので、
メープルシロップはお好みでOK。


今月の美食材

完熟バナナ

幸せホルモン“セロトニン”を作るビタミンB₆、トリプトファン含有。完熟することでTNFという物質が増え、免疫力UPにお役立ち。

絹ごし豆腐

大豆イソフラボンが女性ホルモンを、またGABAやレシチンが脳の働きをサポート。オリゴ糖は腸内細菌のえさとして役立ちます。

ココナッツロング

ココナッツの果肉を1cmほどにカットし乾燥させたもの。中鎖脂肪酸が多く、脂肪の代謝を高める働きが。食物繊維も豊富。


MAQUIA7月号

レシピ・料理・スタイリング/星谷菜々 撮影/福尾美雪 栄養素監修/関口絢子 構成・文/山下弓子(MAQUIA)

【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN