ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラが織りなす、麗しき極上ラブストーリー 『キャロル』 【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 0件

ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ主演。「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイスミスの原作小説を、『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督が映画化。女性同士の情熱的で美しいラブストーリーに注目です。


恋するときめきと

切なさが詰まった

女子必見ムービー

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『キャロル』

監督/トッド・ヘインズ 出演/ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー、サラ・ポールソン 公開/2月11日(木)より全国にてロードショー ©NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

<ストーリー>

舞台は1952年のニューヨーク。マンハッタンにある高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトとして働くテレーズ(マーラ)は、恋人のリチャードから結婚を迫られているものの、なかなか踏み出せずにいた。ある日、娘へのクリスマスプレゼントを探しにキャロル(ブランシェット)が来店。テレーズは、彼女のエレガントな美しさに目を離すことができなかった。店に手袋を忘れてしまったキャロルのため、テレーズが自宅へ郵送したことをキッカケに、2人は会って話すようになる。愛のない打算的な結婚生活を送っているキャロルは、離婚することが決まっていた……。


ケイト・ブランシェットの

神々しくエレガントな

美しさに圧倒される!

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

ケイト・ブランシェットがアカデミー主演女優賞、ルーニー・マーラがアカデミー助演女優賞にふたりWノミネートされた話題作。1950年代のニューヨークを舞台に、女性同士が徐々に惹かれ合っていく様子を描いたラブストーリーです。とにかく注目は2人の女優の圧倒的な美しさ。キャロルを演じたケイトはエレガントな佇まいや優雅な身のこなし、魅惑的な流し目や話し方など、どこを切り取っても神々しいほどの存在感。彼女に見つめられたら、誰だって恋に落ちてしまうかも!?


注目の実力派、ルーニー・マーラ演じる

テレーズの恋心に女子も共感!>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN