人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

ウェット&ドライな質感が今っぽい、ハンサムウェーブボブはいかが?

ヘア

ラフに揺れる毛先とかき上げた前髪で、女っぽく、かつ少しワイルドに。クールな魅力を放つウェーブボブは、デニムにもドレスにも似合う振り幅の広さが魅力的。ちょっぴりムラのあるウェット&ドライな質感で、おしゃれオーラを放ってみて。サイドの内側から見えるハイライトは、遊び心を刺激するオプション。のばしかけヘアの気分転換にもオススメです。

Image title

ベースはあご下レングスのワンレンボブ。切りっぱなし風のラインを生かしつつ、内側をグラデーション状に短くしてまとまりやすく。さらに表面の毛先を先細りになるようにカットして、ふんわり感を演出します。18㎜の細めロッドを使い、すべて平巻きにして低温デジタルパーマをオン。カラーはブラウンにベージュとラベンダーを加えた、10トーンのブラウンベージュをセレクト。さらにサイドの内側へハイライトを加えて、アクセサリーのような遊びをプラス。ちょっぴりスパイシーなアクセントで、ハンサムな印象を高めています。

Image title

髪の根元に空気を入れるイメージでラフドライ。頭頂部は分け目がつかないよう、髪を引き上げて左右に振りながら乾かします。スタイリング剤は軽めのシアバターを選び、オイルを少しだけ混ぜて使用。手によくのばしてから、まずバックの内側になじませて。そこから全体にもみ込み、髪の動きをしっかり出します。手に残ったスタイリング剤で前髪をかき上げ、サイドの内側を耳にかけてフィニッシュ。髪に優しく再現性の高いパーマの効果で、簡単に形がキマるのが嬉しい! 動きが足りない時は、26㎜アイロンでカールを足してもOKです。ハイライトを生かしてハーフアップ風のアレンジにしたり、逆に仕事中は内側に隠したりと、シーンに合わせて表情を変えられるのも素敵。遊べるカラーも味方につけて、ボブをもっと自分らしく、フレキシブルに!


スタイリスト/佐々木拓巳(GARDEN harajuku) モデル/イマムラキョウカ 文/永田未来(ichigo)

GARDEN harajuku   http://garden-harajuku.jp/

2018年秋冬 ヘアカタログ

関連リンク

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN