人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

女度がたちまち引き上がる、サイドパート×暗髪のニュアンシーボブ

ヘア

シンプルなボブに飽きてきたら、レイヤーで遊びをつけた重軽スタイルに挑戦しては? ポイントは大胆にサイドからパートを取り、顔まわりで自由に毛束を遊ばせること。これでニュアンスたっぷりのオトナな表情がお目見え。ドライ、ウェットと質感を変えて、異なるムードに仕上げても素敵。可愛いよりもカッコいいを目指したい、感度高めの女子におすすめです。

Image title

ベースは肩上ラインのボブスタイル。内側は重さを残しつつ、表面だけに前上がりのレイヤーを入れて重軽な質感をメイク。前髪は目にかぶる長さで薄めに作ります。カラーは6トーンのショコラブラウンを全体に塗布。地毛風のダークな仕上がりでも、日に当たると透明感が大幅UP! 髪にツヤが備わり、顔色もよく見える注目カラーです。

Image title

全体をオールバックにするようにドライ。あえて丁寧にブローせず、髪を自由に動かしてラフな質感を作ります。スタイリング剤はコーデに合わせてドライまたはウェットな質感のワックスを選び、トップから8:2くらいでパート分けしながら髪全体に手ぐしでオン。最後に顔まわりの毛束をつまみ、束感を与えてできあがり。動きが出にくい人は、32㎜アイロンで毛先をワンカール巻いてもOKです。雰囲気を変えたい時は、ハチ上部分に入れたレイヤーをアイロンでウェーブ巻きにし、内側は毛先を1回転巻いてみて。質感をよくほぐすと、フワッと華やかなカジュアルヘアに変身! レイヤーの効果でボリューミィにならず、収まりよく仕上がるから、デイリーのイメチェンに最適です。


スタイリスト/安倍千晶(GARDEN harajuku) モデル/伊藤穂乃香 文/永田未来(ichigo)

GARDEN harajuku http://garden-harajuku.jp/


2018年秋冬 ヘアカタログ

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN