前髪次第でバランスが変わる! 重めロングを軽やか印象に見せる、ワザありシースルーバング

ヘア

重めヘアに抜け感を演出するシースルーバングは、トレンドから定番スタイルへと移行中。子どもっぽくなりがちなおろし前髪も、透け感があることで大人でも取り入れやすくなるのがうれしい。場所によって厚みをかえた、ワザありシースルーバングの作り方を紹介します。

Image title前髪の中央は束感を作り、すき間をあけることでシャープな印象に。両端は厚めに残し、毛先を外へ流して女性らしい雰囲気をキープ。頬にかかる毛束も前髪ととらえ、内巻きにしてぽっちゃりとした頬を削るよう見せるのもポイント。前髪だけでもスタイル全体にメリハリがつけられます。


スタイリングのHOW TOはこちら!

1/4

2/4

3/4

4/4

【1】前髪の中央4cm幅くらい(黒目の幅)をとり、中サイズのマジックカーラーで毛先を巻きこむ。32mmのアイロンで内巻きにしてもOK。

【2】前髪の両端は、32mmのアイロンで毛先をはさみ、外方向へ半回転巻く。巻いた後は、毛先が軽くハネるので外方向へ流れるように指先で整える。

【3】前髪の脇、顔まわりの毛束は32mmのアイロンで中間から内巻きにする。毛束が頬にかかるように曲線を作りながら整えるのがポイント。

【4】指先にほんの少しのシアバターをつけ、指で毛先をつまみながら束感をつくる。ストライプのようなすき間を作るように意識して。


トップス ¥4,900(税抜)/ECLIN ルミネエスト新宿店(TEL03‐6274‐8108)


撮影/廣江雅美 ヘア&メイク/KOMAKI(GARDEN Tokyo) スタイリング/城田望(kind) モデル/林侑里奈 取材・文/岩淵美樹

GARDEN Tokyo http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/

2018年春夏 最旬ヘアカタログ Check

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN