シンプルさが心地いい、ラフ質感の都会派リラクシーミディアム

ヘア

シンプルさの中にセンスの良さが光る、クセ毛風のカジュアルレイヤースタイル。エアウェーブで揺らぐ程度の動きを与え、うざったレングスの前髪で脱力感を演出。セミウェットなスタイリングで束感を与えたら、都会のムードが漂うリラクシーヘアのお出まし。デイリーの着こなしにはもちろん、キャップやバンダナなどのカジュアル小物とも好相性。気負いのない真夏のコーデを完成させて。

Image titleベースは鎖骨下レングスのミディアムヘア。裾の重さをキープしつつ表面にレイヤーを入れて、サラッと柔らかく動くスタイルに。前髪は目にかかる長さでカットし、リラックスした印象に仕上げます。大きめのロッドでニュアンス程度のパーマをかけて、クセ毛風の毛流れをメイク。髪に負担が少ないエアウェーブなら、紫外線やエアコンによる乾燥が気になるヘアにもおすすめです。カラーは6.5トーンのスモーキーベージュをワンメイク。赤みを抑えたベージュカラーで、地毛よりもほんのり明るい自然な髪色を楽しんで。

Image title根元中心にドライヤーを当ててラフドライ。トップに分け目がつかないよう、地肌を指の腹でこするようにしてふんわりと乾かして。ウェットな質感のワックスを使い、毛先から軽くもみ込んで束感をメイク。前髪や顔まわりの髪にも束感をつけ、ニュアンシーに仕上げます。片サイドの髪を耳にかけると、シンプルなのにムードのある今ドキヘアのできあがり! ゆるめにかけたパーマを生かして、手ぐしでざっくりとポニーテールにしてもgood。顔まわりに後れ毛を残すと、ぐっとおしゃれに仕上がります。


スタイリスト/福間エリサ(ZACC vie) モデル/山城悠希 文/永田未来(ichigo)

ZACC vie http://www.zacc.co.jp/salon/vie.php

2018年春夏 最旬ヘアカタログ Check

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN