「なんかだるい」と感じたら、寝る前のずぼらヨガでリラックス&自律神経をリセット

ボディ
いいね! 5件

思いついたら即できる! 夜、寝る前にオススメの“ずぼらヨガ”を「MAQUIA」9月号からご紹介。

Image title
精神や心を整えるヨガは今どき女子のメンテナンスにピッタリ。毎日なんかだるい、と感じているなら、崎田ミナさんがナビゲートする、いつでもどこでも簡単にできる「ずぼらヨガ」を試してみて。

イラストレーター・漫画家
崎田ミナさん

Image title

体調不良をきっかけに始めたヨガで、心身の健康を回復した崎田さん。自身の体験を基にした著書『ずぼらヨガ』(飛鳥新社)が好評。

Image title

完璧なポーズじゃなくても体と心にしっかり効く!

 ヨガウェアもヨガマットも不要。両腕を伸ばしたり、広げたりできるスペースさえあれば、今すぐにでもできるのが、ずぼらヨガ。
「運動が苦手で面倒くさがりな私が、唯一続いているのがヨガ。ひとつのポーズを完璧にキメなくても、テレビを見ながら、トイレで、ベッドの上でなど、状況に応じてポーズを工夫することで、いつでもどこでもできるのがポイントです。元気になりたい、リラックスしたい、リフレッシュしたいとき、気軽に挑戦してみてください」


Q 元気でキレイな“巡る体”に欠かせない!
自律神経って?

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスによって、内臓、血管、汗腺、筋肉といった体の機能をコントロールしている神経。感情の変化は自律神経に影響を及ぼすため、ストレスにさらされ続け、自律神経のバランスがくずれると、不調となって体に現われやすい。

Image title

副交感神経

交感神経がアクセルなら副交感神経はブレーキ。体をゆるめる働きで、生体リズムとしては夜が優位に。気分よく、リラックスしていると副交感神経のスイッチがオン。血圧が下がる、筋肉がゆるむなどの現象が起こる。


交感神経

交感神経は車に例えるとアクセルのような役割。アクティブな行動に不可欠で、日中は交感神経が優位。また、怒りや緊張で血圧が上がったり、呼吸が荒くなったり、口の中が乾いたりする現象も交感神経によるもの。


Q 体がリラックスするってどういうこと? 

Image title

背骨の近くには肺、胃、腸といった自律神経が司る臓器が。交感神経が優位だと背骨が丸まり、内臓を圧迫。すると呼吸が浅くなったり、消化ができなくなったり不調を招くことに。背骨まわりの筋肉を緩やかにほぐすことで副交感神経が優位になり、内臓が圧迫から解放される。


夜、寝る前にオススメ
リラックスずぼらヨガ

ギンギン 不眠

揺れる吉祥のポーズ

足の裏を合わせてあぐらをかき、上半身の力を抜いて左右に10往復、円を描くように2回転。超ゆ〜っくり揺れる。

後ろにあまり反らさないように。首から腰まで背骨を意識して行う。

首コリ 腰痛

猫のポーズ

手は肩幅、足は腰幅で四つんばいになり思い切り背中を上に引き上げ深呼吸5回。

首はラクにして行って。背中、のど、胸、お腹がじんわりと伸ばされる。


首コリ 腰痛

猫のポーズ

無理のない範囲で背中をしならせ、深呼吸5回。

視線は斜め上に。背中を引き上げる、しならす過程を3~5回。

ストレス  疲労  イライラ

子どものポーズ

正座して前に倒れ、手を遠くへ伸ばす。上半身の力を抜き、眉間を床につけて深呼吸。

深呼吸をするときは目を閉じ、30秒~3分。頭の高さは調節してOK。


MAQUIA9月号

イラスト/崎田ミナ 自律神経監修/福永伴子(ともクリニック浜松町) 取材・文/白倉綾子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN