人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

運動なしでいつのまにか8kg痩せた! 眠りとお風呂の専門家に聞くダイエット成功までのQ&A

ボディ

過去、大幅減量に成功した経験を持つ美のプロたちの「私はこうして痩せました!」という体験談をお届けする短期連載企画。今回のゲストは、眠りとお風呂の専門家・小林麻利子さん。睡眠と入浴を中心とした無理のない実践的な指導で、2000人以上の女性の悩みを解決してきたという小林さんの、ダイエット成功までの道のりとは? エピソードをQ&A形式でお届けします。

Image title

眠りとお風呂の専門家

小林麻利子さん

最新のデータや研究をもとに、女性の自律神経の改善を行うサロンは、予約3ヶ月待ちとなるほどの大人気! 自律神経や体内時計を整えることで不調を改善し、ダイエットしやすい体質へと導く。著書『ぐっすり眠れる、美人になれる! 読む お風呂の魔法』ほか多数。


決して頑張らない&しっかり眠る!
いつのまにか8kg痩せるまでのQ&A


Q.ダイエットを始めた当時のきっかけは?

A.「バリバリのキャリアウーマンで、全国を飛び回る営業マンだった20代の頃。過労によるストレスが原因で太り、円形脱毛症やめまい、吐き気、生理不順、頭痛などさまざまな不調に悩まされるように……。ある日、駅のホームで過呼吸になったとき、これは本当にまずいとはじめて自覚しました。その後病院で、自律神経失調症と診断。“自律神経”って当時はよくわかっていなかったのですが、とにかく睡眠不足で、眠りの質が悪く、睡眠中に何度も起きてしまったり、寝起きがあまりにもひどかったり、寝る前まで仕事のことを考えて頭が常に熱い状態。素人ながらに、『リラックスできていないことが原因なのかもしれない』と判断。まずは、できることからはじめてみよう、と思ったのがきっかけでした。『太っているからダイエットをはじめよう』と思ったのではなく、極度の不調だったから、体質改善をしなければと感じたのがきっかけでした

Image title

Q.どうして8kg痩せに成功できたの?

A.「実は、ダイエットをしよう! と運動などをしたわけではなく、いつのまにかするすると痩せていた、というのが本当のところ。1年かけて、ゆるやかに8kgマイナス。現在、多くの生徒さんのダイエット指導をしていますが、急に努力をして、というダイエットでは、一生ものの身体は作れません。ちょっとしたコツだけで、身体が整うことを私自身が身をもって知っているので、多くの方に伝えています


Q.具体的な生活改善の内容は?

A.「まずは自律神経失調症を立て直すために、リラックスをしよう! と素人ながら判断。ベルガモットの香りを嗅いだり、湯船にきちんと浸かり、夜は眠くなったらすぐに寝る。朝はアラームなしで起きて太陽の光を浴びる……。など、基本的な生活サイクルの改善と、お風呂やアロマの嗅覚刺激によって、眠りが深くなり、やがて体内時計が整い、3日目の朝には、心がとても穏やかになっていました。あとから勉強してわかりましたが、こうした自律神経や体内時計の整備は3日あればよくなるのです。この3日間がトリガーになって、毎日同じ時刻にしっかり湯舟につかり、ちゃんと眠る。お腹がすいておきる。を繰り返すことで、いつのまにか運動せずにするすると無駄な脂肪が解消され、最終的には8kgのダイエットに成功していました


Q.リバウンドしないためのポイントは?

A.「まず頑張らないこと。ほんの少しの工夫で変わります。そして、ちゃんと眠ること。深く眠れば、成長ホルモンがしっかり分泌してくれるので、脂肪燃焼効果や筋肉量が増えたりと、バランスのよい身体になってくれます。また、スイーツ依存症になっている方も多いです。食のバランスが悪いから甘いものを欲してしまい、太る→炭水化物を抜く→血糖値が低下し憂鬱→アドレナリンが出てイライラ。そして甘いものを食べると幸せ、という不のスパイラルに。喜怒哀楽が激しい人ほど依存症で、リバウンドを繰り返す傾向が


Q.ダイエットに失敗しやすい人の特徴は?

A.「ダイエットに失敗して泣きついて、教室にいらっしゃる生徒さんをみるとわかるのが、無理なダイエット。炭水化物を抜いて、生理が止まって、リバウンドしてしまったり、子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患ができてしまったりする方が多いです。またごはんを抜いているのに、毎日会社で配られるスイーツは当たり前に食べていたり……


Q.おうちでもできるダイエットのアイデアは?

A.「まずはよく眠るために、寝る1時間前にお風呂から上がる。お風呂も40度に15分に浸かって。寝る前は、自律神経を整えるために、シューマンのトロイメライを聴いたり、ラベンダーをコットンに滴下して嗅ぐと、腎臓や副腎の交感神経が低下します。水でもお白湯でも、寝る前に飲むと血流がよくなり、深部体温の低下、放熱を促すこともあり、眠りの質が高くなるというデータも。常備冷水は眠りの質低下のデータは確かにあるけれど、極端な話、冷たい水でも寝る前に飲むだけでよく眠れるようになる、ということです


Q.ダイエットが続かない女性にエールを!

A.「睡眠、自律神経、体内時計にとってよい生活は、実はダイエットにも繋がること。ダイエットしたい! と思っている方の多くは、ダイエット以外の不調を必ず1つや2つ、持っているといっても過言ではないと考えています。そして、こういった不調に対するケアは、よくあるダイエットのように大変だったり、しんどかったりするものではなく、むしろ心地よかったり、気持ち良かったりするもの。続けやすいことを、行うことが一番大切です


取材・文/織田真由(MAQUIA ONLINE)

ダイエットの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN