キツいトレーニングは不要!姿勢矯正で ぽっこりお腹⇒くびれ美人に!

ボディ
いいね! 3件

足のカタチは美しい姿勢の要。「MAQUIA」12月号の付録のくびれ足指パッドを使ってエクササイズすれば、足に正しく重心がかかって姿勢が改善! ぽっこりお腹もみるみる解消できる♪ 姿勢矯正してくびれを手に入れるトレーニングを、美姿勢王子こと花岡正敬さんにおききしました!

Image title姿勢クリエイター・パラリンピック公式トレーナー

花岡正敬さん

理学療法やピラティスなどの理論から、姿勢や体型改善を目的としたメソッドを考案。3万人以上に施術、指導を行う。

『たった1分でお腹が凹む「やせる姿勢」のつくり方』

姿勢のクセを改善して、ぽっこりお腹を解消する簡単な方法を紹介。¥1000/永岡書店


Qあなたはどのくらい当てはまる?

溜め込みむくみタイプチェック!

□靴のかかとのすり減り方が左右違う

□スカートが左右どちらか一方にまわる

□食事のあと、お腹がぽっこり出る

□首や肩がこりやすい

□お尻が幅広になっている

・・・ひとつでも当てはまったらダメダメ姿勢タイプ。

⇒くびれ足指パッドで姿勢矯正しましょう!


足への重心のかけ方次第で誰でもくびれは作れる!

姿勢クリエイターの花岡正敬さんによると、崩れた姿勢はくびれのない寸胴の原因になるという。花岡正敬さん「お尻が突き出た反り腰は、ぽっこりお腹の原因に。背中が曲がった猫背だと、太鼓のようなでっぷりとしたお腹になってしまいます」。

崩れた姿勢を正しく戻すには、足の形を見直す必要があるそう。花岡正敬さん「足の親指・小指・かかとの3点で体を支えているのが正しい状態。しかし親指から小指の間の骨が作る横アーチが崩れると、どちらかに重心が偏り、姿勢の歪みにつながるのです。私が監修した付録の“くびれ足指パッド”を使ってエクササイズすれば、崩れた横アーチが復活して姿勢が整うほか、くびれを取り戻せます!」


【くびれ美人の姿勢】

足の横アーチができて重心を3点で支えられるようになると、姿勢が整ってお腹まわりがスッキリ。立つときに肩や骨盤など、体の中心軸が、一直線になるよう意識して。


体の中央を真っすぐにImage title

体の中に真っすぐな一本の軸を意識して。横から見ると背骨が緩やかなS字カーブを描き、耳・肩・骨盤の上辺・膝・かかとの少し前が一直線になるように。


くびれ足指パッドで横アーチを作ろう!Image title立つときの重心は、親指・小指・かかとの3点に均等に。正面から見たときに足指がなだらかな横アーチを描いていれば、正しく支えられている証拠。付録のパッドのリングを親指と小指にはめれば自然と3点に意識が向き、正しい横アーチが!

Image titleCHECK POINT!Image title

・横アーチがある

・親指、小指、かかとの3点で体重を支える


「MAQUIA」12月号付録【くびれ足指パッド】の使い方はこちら≫≫


【NG姿勢①】反り腰

小指に重心でぽっこりお腹にImage title

足の小指側に重心が傾くと、骨盤が前に倒れて反り腰に。内臓が下がってぽっこりお腹になる。O脚の原因になるほか、デカ尻、タレ尻になることも。


【NG姿勢②】猫腰

親指に重心で立派な太鼓腹にImage title

親指に重心が傾くと、骨盤が後ろに倒れて背中が丸く。猫背になって内臓が前に押し出され、太鼓腹になる。X脚になったり、バストが垂れる恐れも。


【次ページをチェック!】普段の歩き方&座り方をチェック!>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN