人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

肩こり放置でどうなる? 顔が大きく見える、老いを引き寄せるetc...

ボディ

スマホやPC疲れによる肩こりに悩まされている人も多いのでは? 「MAQUIA」3月号では、オリンピック日本代表の帯同ドクター金岡恒治先生に、肩こり放置で起こる体のさまざまなトラブルについて聞きました。

Image title

「いつものこと」と放置してない?

あの手この手で、
今度こそ肩こり解消

指で押してもビクともしない筋肉、盛り上がったシルエット、だるさや痛み……。肩こりを放置すると、百害あって一利なし。簡単すぎる解消法をご紹介します!

Image title


お話を伺った方

オリンピック日本代表帯同ドクター
金岡恒治先生

整形外科医、早稲田大学スポーツ科学学術院教授。体幹深部筋研究の第一人者。著書に『肩こりを治せば、老いも止められる』。


猫背が筋緊張を招き頑固なこり・ハリが発生

「女性の自覚症状ワースト1位が『肩こり』。その割合は約10人に1人です」(金岡先生、以下同) 現代の肩こりの原因は、“筋肉を動かさない生活”にあり。「スマホやPC、家事などで猫背になると肩甲骨が外側へ開き、肩周辺の筋肉が引っ張られてしまいます。その筋肉がゴムのように戻ろうと縮むことで負担が高まって筋緊張に。血流が悪化し疲労物質も溜まってこりが生まれます。放置すれば、本来は個別に動くはずの皮膚と筋肉がくっついたような状態=ハリへと成長。けれど肩こりは『病気』ではなく『症状』。だからこそ解消可能なのです」


肩こり放置でどうなる?

老いの加速

加齢による細胞の老化に加えて、疲れやすい体や内臓の機能低下、筋肉の退化、崩れた姿勢などによって老化の速度が上がり、老いを引き寄せる結果に。「細胞は老化しても、姿勢の悪化による老化は自分で止められます!」


姿勢が歪む

肩こりによって肩甲骨が外側へ開くと、胸椎も引っ張られて背中が丸くなって猫背に。すると体が前方に傾いてしまうため、体は骨盤を後傾させることでバランスを取ろうとする。その積み重ねが姿勢の歪みを加速。

1/3

2/3

3/3

疲れやすくなる

肩こりで姿勢が歪むと骨盤の傾きが変わり股関節の可動性も低下。結果として歩幅は狭く、歩く速度も落ちるけれど、それに気づかず今までと同じ歩幅・速度で歩こうとするためエネルギーを余計に使って疲れやすくなる。

顔が大きく見える!

「肩を覆う“僧帽筋”が、こり・ハリによって張り出すことで首が短く見えてしまうので、必要以上に顔が大きく見える可能性は十分にあります」(金岡先生、以下同)。さらに顔側の筋肉が引っ張られることでたるみにも!

腰痛の発症

肩こりで肩甲骨が開いて上半身が動かしづらくなると、バランスを取るため腰椎や周辺の筋肉に大きな負担がかかって腰痛が出る場合も。「肩と腰は相関関係にあるので、肩こりの人は腰椎の損傷も確実に進んでいます」


MAQUIA3月号

撮影/藤澤由加 イラスト/雨月 衣  取材・文/国分美由紀 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

肩こり解消法をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN