目からウロコの卵トリビア! 美容にうれしいポイント、いくつ知ってる?

ボディ
いいね! 0件

新トリビア続出で再び注目を集める卵。良質なたんぱく質たっぷりの卵を、おいしく美容に生かすレシピを、「MAQUIA」8月号で紹介中。 まずは、卵の美容ポイントをチェック! 医学博士の松倉先生と、管理栄養士で料理研究家の関口さんに教えてもらいました。

Image title


医学博士 松倉知之先生

松倉クリニック&メディカルスパ院長。美と健康を、内側と外側から追求する美容外科のパイオニア。


管理栄養士・料理研究家

関口絢子さん

企業や各種メディアなどを中心に、レシピやコラム、企画提案。近著に『脳と体に効く油』(宝島社)。

Image title

卵トリビア1

なんと1日1個以上食べてもOK


松倉先生「たんぱく質は健康なら摂りすぎて困るということはないので、たんぱく質が豊富な卵は積極的に食べてほしいですね。ただ、卵のアレルギーを持っている人は控えたほうがいいです」。

関口さん「他の食材も食べてたんぱく質を補うと考えたら、1日3個ぐらいが妥当だと思います」。



卵トリビア2

卵×ブロッコリーでシミ予防に!


関口さん「「たんぱく質と鉄分が含まれる卵に、抗酸化作用のあるビタミンCとルテインが含まれるブロッコリーを組み合わせると、シミ対策に効果的」。


卵トリビア3

実は栄養豊富なスーパーフード!

松倉先生「体を構成する20種類のアミノ酸のうち、食物でしか摂取できない9種類を必須アミノ酸と呼びます。卵は、その必須アミノ酸のバランスがパーフェクト。さらに、髪、肌、爪を作るビタミンや、肌の代謝・修復に必要なミネラルも豊富。まさに、美に欠かせないスーパーフードなんです」。


卵トリビア4

卵をたくさん食べてもコレステロール値は上がらない!

松倉先生「コレステロールにも、善玉(HDL)と悪玉(LDL)があって、このバランスがとれていれば、ある程度摂っても大丈夫。ただ、糖質を摂りすぎると悪玉を増やしてしまうので注意。卵をたくさん食べたからといって、LDLコレステロールの数値が極端に上がるということはないので、安心して」。


卵トリビア5

卵×発酵食品で快腸!

関口さん「腸内環境をよくすると、体の免疫が高まり、美容にも効果的。みそやキムチ、塩麹など発酵食品と組み合わせてみて」。


卵トリビア6

一番、消化吸収しやすいのは半熟卵

関口さん「たんぱく質は、熱を加えすぎると、凝り固まってしまい、消化吸収に時間がかかってしまうんです。なので、卵は卵焼きよりも半熟状態の目玉焼きやゆで卵、温泉卵で食べると最適です。手っ取り早く食べられるゆで卵は、空腹を感じにくいので、ダイエット中の間食にもオススメ」。


卵トリビア7

卵×トマトで若々しい肌!

関口さん「たんぱく質豊富な卵とリコピンが含まれるトマト、さらに良質な油を組み合わせれば、肌の新陳代謝が促進されます」。


卵トリビア8

卵×肉でアミノ酸吸収量UP!

関口さん「アミノ酸スコアが100の卵とお肉を合わせて食べると、よりたんぱく質のバランスがよくなり、効率よく吸収できます」。



【正しい卵の取り扱い方法】

尖った方を下に保存

関口さん「市販のパックに入っている状態が最適な保存法。気室のある丸い方を上にするほうが卵の呼吸がスムーズと言われています」。


卵は洗わなくてOK

関口さん「卵は流通する前に洗浄・すすぎ・乾燥されています。汚れがある場合は拭き取って」。


賞味期限は冷蔵庫で1週間

関口さん「食中毒の原因となるサルモネラ菌が増えるには、室温で約2週間程度必要。生食なら冷蔵庫で1週間、加熱するなら2週間を目安にして」。


混ぜすぎ注意!

関口さん「卵料理をおいしく作るポイントは、卵白と卵黄を混ぜすぎないこと。均一さがないほうが、加熱した時にジューシーな美味しさが生まれます」。


カラザは取っても取らなくてもOK

関口さん「カラザもたんぱく質の一部。取り除かないほうがたんぱく質をより多く摂れます」。



【次ページをチェック!】卵を使った朝ごはんにオススメのメニュー!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN