肌ではなく下着につける! 内側からふっと香らせるセクシーな香水の魔法

ボディ
いいね! 2件

「MAQUIA」11月号の『牧野和世の幸運を引き寄せる香りの魔法』では、肌そのものがセクシーに香り立つようなフレグランスをご紹介。

Image title

肌そのものがセクシーに香り立つように

教えてくれたのは...
KAZUYO MAKINO

ビューティプロデューサー・香水コーディネーター。香りで運命を操るエキスパート。


Image title

escentric molecules
フェミニンでいて芯があり
一筋縄ではいかない魅力を放つ

フレグランス創りの常識に捉われない革新的な試みで、世界的に注目を集めた調香師ゲザ・ショーエンが、バレエダンサーのポリーナ セミオノワとコラボして誕生。軽やかで甘い果実の芳香に、スパイシーで異質な香りが深みを与え、「精密さと優雅さ」を表現。クセになる魅力を放つ。ビューティフルマインド vol.2 【プレシジョン&グレース】 100㎖ ¥25000/アルファネット


Image title

L’ARTISAN PARFUMEUR
戸惑わせるほど魅惑的!
アラビアの物語の世界に誘われる

『千夜一夜物語』の中にある謎めいたアラビアの物語をイメージ。ジャン=クロード・エレナが、貴重な香料を惜しみなく使って創り上げた究極のアンバーの香り。東洋のスパイスにトルコのバラやバニラをブレンド。情熱を秘め、とびきり官能的に。ラルチザン パフューム アンバー エクストリーム オードパルファム 100㎖ ¥19500/ブルーベル・ジャパン 香水・化粧品事業本部


内側からふっと香らせて
「セクシー」を出し入れ

 女性に生まれたからにはどこかに持っておきたい「色っぽさ」。でも、その取り扱いはちょっと難しい。「肌そのものからほのかにいい香りがしている……、そんな風に思わせる香水のつけこなし方は、程よく色っぽさを感じさせて男性ウケもいいはず。セクシーさは表に出しすぎると、男性から引かれちゃうから」
 と牧野さん。では、そんな印象に香らせるには?
「おすすめは、肌ではなく下着につけること。『香水をつけている』とすぐにはわからなくても、そばに近づいたとき、なにかの瞬間にふっといい香りがしたら、きっとドキッとさせられるから。セクシーさのオン、オフが、程よくできるともいえますね。木星が蠍座に入るこの秋、魅力を高めるには“秘めたところを美しく”、といわれているので、その点でも効果的です」
 ちなみに香りとしては、ひとことで「何の香り」とはわからないけれど、なんだか惹きつけられる、奥深く複雑、ミステリアスでセクシーさもある香りがいい、とのこと。
「もうひとつ、真似するといい『蠍座的な気質』としては、空気が読めて気配りができること。これをセクシーさとセットにできたら、女性として成長もできるし、最強!」


MAQUIA11月号

撮影/山口恵史 スタイリスト/西崎弥沙 構成・文/巽 香 企画/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN