人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

仕事始めの疲れをリセット! 専門家が教えるお風呂で美眠&リカバリー

ボディ

どうしてお風呂に入ると疲れが取れるの? 「MAQUIA」2月号では、美眠&リカバリーを叶える、お風呂での簡単ケア術を専門家が教えます。
Image title

疲労物質をリセット

美眠&リカバリー編


お話を伺ったのは

フロフェッサー
後藤康彰さん

日本健康開発財団 温泉医科学研究所主席研究員。「日本の入浴」を研究。著書に『女子力UPのための最新入浴法』(虹有社)。


ナイトケアアドバイザー
小林麻利子さん

睡眠改善インストラクター。著書に『ぐっすり眠れる、美人になれる! 読むお風呂の魔法』(主婦の友社)など。


エステティシャン
髙橋ミカさん

「ミッシィボーテ」主宰。女優やモデルからの信頼も厚く、「M’S COSME」などのプロデュースも手がける。


Q.どうしてお風呂に入ると
疲れが取れるの?

A.血流で疲労物質が回収されるから

「温まると血流が促進されて酸素と栄養が運ばれる一方、二酸化炭素や疲労物質が回収されることで疲れをリセットできるのです。末梢の血流は肌にも影響します」(後藤さん)


Q.ストレス解消できるって本当?

A.浮力にリラックス効果あり

「湯船に首までつかると、浮力の作用で体重は10分の1程度に。関節や筋肉も重力から解放されるためリラックスできます。好きな香りをプラスすればより効果的」(後藤さん)


Q.美眠に導くお風呂のタイミングは?

A.起床時刻から逆算するのがコツ

「起床時刻から就寝時間を決め、その1~2時間前には入浴する"逆算美容"を。帰りが遅い日は湯船につかるだけにして翌朝髪を洗う『分浴』でもOK」(小林さん)


Q.スポーツの試合に向けて
コンディションを高めたい

A.2日前からHSP入浴法

「傷んだ細胞を修復するタンパク質(HSP)を増加させるHSP入浴法でいい結果につながるかも。試合の2日前から42℃で10分、41℃なら15分の全身浴を」(後藤さん)


Q.筋肉痛にはシャワーのほうがいい?

A.入浴で疲労物質の排出を

「入浴で血行がよくなれば疲労物質が排出されます。ぬるめのお湯にゆっくりつかり、筋肉をほぐしましょう。筋肉が熱を持っているなら入浴せずに冷やして」(後藤さん)


Q.運動後、お風呂で疲労回復するには?

A.スポーツによって違いあり

 ランニング 

●入浴はクールダウン後
すぐに汗を流したくても、まずはしっかり水分補給を。その後、ストレッチなどで体を十分にクールダウンしてからの入浴がベスト。

●朝or昼ラン派は夜にしっかり
走った後に仕事があるならシャワーのみでOK。夜は40℃前後のぬるめのお湯に肩まで20分つかり、その日のうちにリカバリー。

●ナイトラン派は軽めに入浴
体温が高い状態で入浴すると交感神経が優位なままで眠りに悪影響。38?39℃で10分程度つかり、快眠による疲労回復を目指して。


 ゴルフ 

●ゴルフ場で全身浴+半身浴
ラウンド後は5分の全身浴で首&肩周りの血行を促進し、10分の半身浴で体を温めて。ただし手首などを痛めた場合はシャワーに。

●帰宅後ぬるめに15分
じつは長距離ドライブも疲労のもと。帰宅後は40℃くらいのぬるめのお湯に全身浴で10~15分程度つかって、ゆっくり血行促進。

●好きな香りで緊張をほぐして
ラウンド中は神経を集中するため心も緊張するもの。好きな香りの入浴剤を使えば、副交感神経が優位になってリラックス&快眠へ。

1/3

2/3

3/3

Q.眠りとお風呂の関係って?

A.お風呂は熟眠のスイッチです

「温まって上昇した深部体温が手足から放熱され急降下することで、深い眠りへとつながります。入浴しないと体温の下がり方がゆるやかで寝つきも悪くなりがち」(小林さん)

Q.全身がこわばっている気がする

A.浮力で脱力&シャワーで血流促進

「浮き枕で上半身を浮かせて左右に揺らしましょう。つかりながらシャワーを耳の裏やデコルテ、足、お腹などにあてると疲労物質も流されやすくなります」(小林さん)

エアークッション入りだから頭を預けて浮力を体感。ゆめごこち バスピロー あひる ¥1480/ハシートップイン

Q.朝は眠くてやる気が出ない

A.熱めのシャワーでスイッチON

「42℃程度のお湯は交感神経を活性化させ、パフォーマンス改善が期待できます。朝3~5分のシャワーで爽快感が増加し、疲労感が減少するというデータも」(後藤さん)

関連リンク

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN