万年ダイエッター必見☆ あなたが頑張っても痩せない理由、ここにあり!

ボディ
いいね! 10件

自分なりに頑張っても成果が出ない“万年ダイエッター”卒業のカギは、タイプ別のアプローチ法を知ることにあります。 「MAQUIA」4月号に掲載中のダイエット特集から、3つのタイプの特徴と、脂肪太りタイプのやせるコツを紹介します♪

Image title

【お話を伺ったのは…】

ボディワーカー 森 拓郎さん

rinato代表。モデルや女優など、体を資本とする女性を中心に足先から顔までのボディメイクを指導。

睡眠コンサルタント 友野なおさん

睡眠を改善して10kg以上のダイエットに成功した経験を持つ。著書に『きょうの睡眠ダイエット』など。

渋谷DSクリニック 林 博之先生

医学博士。渋谷院院長。極端なダイエットに警鐘を鳴らし、健康を損なわないダイエット法を提唱・指導。


※ご紹介する施術には、効果と感じ方に個人差があることをご了承ください。


健康的に痩せる早道は自分のタイプを知ることから

頑張ってもサイズが落ちないのは一体なぜ?「『とにかく痩せたい』と極端なダイエットをする人が多すぎます。太り方のタイプや原因を見極めましょう」(林 博之先生、以下H)
女性に多いのは脂肪太りと水太り。筋肉太りは20代後半ともなると少数だそう。「どのタイプもダイエットを意識した食事と、運動、骨盤ケアが共通して必要です。食べるべきもの、鍛えるべき筋肉、ほぐすべき部位などにポイントが。代謝を落とさない食事や運動も大切です」(森 拓郎さん、以下M)
各プロの指導のもと、スタッフが太り方タイプ別に1ヶ月間のダイエットに挑戦しました!


太り方のタイプはこの3つ

Image title

Image title

Image title

Image title

Image title

Image title

現代人に共通する「太る理由」

睡眠不足

ストレスや不規則な生活などにより自律神経のバランスが乱れると、睡眠の時間や質が低下。食欲をコントロールするホルモンの分泌が乱れ、平均で25%も食欲がアップするとか! 基礎代謝も落ちて太りやすく。

腸内環境の悪化

腸は免疫システムの要! 不規則な生活や偏った栄養バランス、運動不足などが原因で悪玉菌が増えると、代謝低下、便秘や下痢、肌トラブル、頭痛、不眠といったダイエットの大敵となる不調のオンパレード。

セルライト

冷えや代謝低下による血行不良が原因で老廃物が蓄積すると、脂肪細胞の代謝が乱れて脂肪を溜め込み2〜3倍に肥大。脂肪細胞同士が合体して塊となった上に老廃物が上乗せされ、雪だるま式に増加する。

自律神経・ホルモンバランスの乱れ

自律神経の乱れは代謝を低下させ、脂肪を蓄積するホルモンを分泌。ホルモンバランスの乱れはPMSや生理不順につながり、生理後の痩せやすい時期を掴みにくい。どちらもストレスや不規則な生活などが原因。


【次のページをチェック!】脂肪太りタイプが痩せるコツとおすすめダイエットアイテムはこちら!》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN