森拓郎さんが伝授! 筋肉をキープして体脂肪を減らす食べ方

ボディ
いいね! 8件

「MAQUIA」10月号では、夏太りやむくみ、紫外線による肌や髪の疲れやダメージが気になる今、回復するための食事法と“きれいになる食べ痩せ”術をお届け。

Image title

夏の肌・髪・爪…のダメージも回復

食べて痩せる!きれいになるQ&A

夏太りやむくみ、紫外線による肌や髪の疲れやダメージが気になる今。回復するための食事法と“きれいになる食べ痩せ”術を総力取材。食とダイエットのプロが悩みに答えます。


教えてくれたのは…

Image title

運動指導者 森 拓郎さん

モデルや女優が通うスタジオ「rinato」、小顔美容矯正サロン「ルポルテ」オーナー。『オトナ女子のためのヤセ方図鑑』『読むだけでやせる言葉』など著書多数。

Image title


Q 夏の間の食欲減退で体重減!でも体脂肪が減りません
A それ、減ったのは脂肪じゃなく筋肉です

「短期の体重増減のほとんどは水分と食事の重さなので、筋肉が落ちている証。体脂肪量(体重×体脂肪率)を減らし、筋肉量を示す除脂肪体重(体重-体脂肪量)を維持することが重要です」(森 拓郎さん、以下同)


Q 露出の増える時期なのにリバウンドして大ショック
A 「食べる」という選択肢を持って

「リバウンドの原因は、食事の量やカロリーばかり気にして、体が必要とするたんぱく質などを食べていないから。正しい知識を持って必要なものをきちんと食べるのがダイエットです」


Q きれいに痩せるなら、食事より運動?
A 食事なら、1日に何度も痩せる選択が可能

「1日3回×7日間=21回の食事を変えずに週1回程度のトレーニングでは痩せられません。筋肉を鍛えるなら、歩く量を増やす、階段を使うなど日常の活動を増やせばOK」


Q 痩せたいけど、食べるのが好き
A 体内に取り込むのが好きなだけでは?

「おいしいものを食べることが好きなら、きちんと体や生活を調整するはず。ただ食べ物を口に入れるための言い訳では?」


Q 無意識でつい食べちゃうんです
A 失敗しないように考えるのが真の努力!

無意識を変えるのは難しいので、そういう自分を認めながらも回数や量を少しずつ減らすなどの工夫を考えながら実践を」

Q 食事を制限すれば痩せられますよね?

A やみくもなダイエットは逆効果

「むやみな食事制限はリバウンドの原因。繰り返すうちに筋肉が減り、“太りやすくやせにくい体”になります。筋肉を増やして、体脂肪を減らすことが重要です」

Q おやつできれいになれますか?

A 惰性ではなく補食と考えれば効果的

「おやつが不要なくらい充実した食事を摂るのが基本ですが、食べるならゆで卵やプロテインなど、栄養を補うものを選びましょう」


食べるならナッツやヨーグルトを

ゆで卵やナッツ、プロテインのサプリのほか、プレーンタイプのギリシャヨーグルトは高たんぱくなのでおすすめ。

Q プロテインは太るでしょ?

A 勘違いです。食欲や血糖値の急上昇抑制にも効果あり

「食前に摂れば食欲と血糖値急上昇の抑制になり、食後は栄養補助、間食なら空腹感の抑制に効果的。1日1杯でOKですし、ムキムキになるというのは都市伝説」


森さんプロデュース。(右から)ウェリナホエイ&ソイプロテイン+グルタミンココア味 500g ¥3750、同 ヘンプ&ソイプロテイン 抹茶味 500g ¥4352/rinato

Q 小腹対策は野菜ジュース

A すぐ体内に吸収されてますよ

「液体は吸収が早く、野菜ジュースは糖質も多いので注意。糖質を含まないお茶や水を選びましょう。体脂肪分解を促すブラックコーヒーは食後におすすめです」

Q きれいな腸内環境のために乳酸菌飲料を飲んでます

A 雰囲気で選ぶと中性脂肪が増えます

「主原料の果糖ブドウ糖液糖は、血糖値が上がりやすく中性脂肪になりやすい要注意成分。オリゴ糖や納豆に含まれる水溶性食物繊維など乳酸菌を活性化させるものを補って」


MAQUIA10月号

撮影/鈴木泰介(料理) 取材・文/国分美由紀 和田美穂 関本陽子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN