人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

外食もおやつも、これならOK! 食べ痩せが叶うメニュー選びのポイントを教えます

ボディ

「MAQUIA」6月号では、食べ痩せが叶う「血糖値コントロール」を大特集。外食や中食、おやつの時に気を付けたいポイントをQ&A方式でご紹介。知っていれば、もうメニュー選びに迷わない!

Image title

血糖値をゆるやかに調整
外食・中食・おやつで食べ痩せ

外出先でメニューや商品を選ぶときに意識すべき食べ痩せポイントはいたってシンプル。これでもう迷わない!


お話を伺ったのは…

管理栄養士 麻生れいみさん
低糖質料理研究家。医療と予防医学、栄養学の観点から約6000人のダイエットを指導。

ダイエット・アドバイザー 岸村康代さん
管理栄養士。ダイエット指導で落とした脂肪は10トン以上! 著書に『最強のやせ方』。


Q.外食で気をつけるポイントは?

A.品数を増やすこと

「食べ痩せで大切なのは、“食べない”選択をするのではなく、できるだけ品数を増やして食べること。サラダや小鉢など、品数を増やすことで自然と満たされ、糖質の多い主食の量を減らすことができます」(岸村さん、以下同)


Q.野菜が少ないお店もあるけど……

A.食事前に豆乳や野菜ジュースを飲んで

「血中コレステロールを低下させ、脂質代謝を促進する豆乳や、糖質の少ない野菜ジュースやトマトジュースには血糖値の急上昇を抑える働きがあります」


Q.どうしても牛丼が食べたい!

A.ミニサラダ&味噌汁をプラス

「ご飯の量が多くて具が少ない丼ものは、リセットが難しいメニューのひとつ。野菜サラダと味噌汁をつけて、サラダから食べることでダメージを最小限に」


Q.ピザ、パスタを選ぶなら?

A.トマトベースがおすすめ

「きのこなど具の多いものを選びつつ、野菜がたっぷり摂れるトマトソース系を選ぶのがおすすめ。ひと口めはサラダやスープから始めることもお忘れなく」


Q.中華丼や五目そば……
一品料理でさっと済ませたい時は?

A.お酢or酢の物をプラス

「糖質過多になりがちな一品料理は、お酢をかけたり、酢の物を追加して。血糖値の上昇をゆるやかにし、体脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるので一石二鳥です」


Q.今夜は飲み会。
昼や翌日の食事は抜いたほうがいいですよね?

A.食べすぎた翌日こそ、
食物繊維の豊富な野菜をたっぷり

「食事を抜いた後の飲食は血糖値が上昇しやすく、脂肪をため込みやすい状態に。食物繊維を摂って余分なものは排出! 脂肪になる前に手を打つこと」


1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

Q.定食はOK?

A.ご飯は控え目に! まず汁物から

「定食は汁物から。最初に具を食べることで血糖値の上昇と食欲の暴走を落ち着かせてくれます。また、かつおだしに含まれるヒスチジンには抗肥満作用があるという研究も」


大戸屋の「野菜と豚の蒸し鍋定食」(¥825)は、栄養バランスにこだわったヘルシーメニュー。

Q.ファストフードなら?

A.サラダで血糖値の上昇をゆるやかに

「野菜や海藻、きのこ類などの野菜は食物繊維が多く、血糖値の上昇をゆるやかに調整します。ファストフードは単品ではなくサラダをつけるよう心がけて」


モスバーガーの「こだわりサラダ」(¥280)は、彩り鮮やかな6種の野菜にローストしたアマニをトッピング。バーガーにプラス¥470で、こだわりサラダとドリンクがつく「こだわりサラダセット」に。

Q.ラーメンを食べるなら?

A.具材全部乗せで、ひと口めは野菜!

「野菜やチャーシュー、メンマ、卵、わかめ、長ねぎなど、できるだけトッピングの多いものを選ぶのが正解。スープはしょうゆや塩ベースがおすすめです」

Q.揚げ物の日が多い……

A.先キャベツ&裏側の衣はなかったことに

「まずはキャベツをたっぷり食べてお腹の中をかさ上げして。揚げ物過多の人は、下半分の見えない部分の衣をはがすことで、満足感を損なわずに糖質&脂質オフできます」

Q.お酒を飲むならおつまみは何を選ぶべき?

A.枝豆やきのこで“その場リセット”

「ビタミンB群豊富な枝豆やきのこ、血糖値上昇を抑制する野菜たっぷりのサラダ、ほうれん草のおひたしなど、糖質の取り過ぎをその場でリセットできるおつまみをチョイス。タンパク質は塩味の焼き鳥などがおすすめ」

ダイエットの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN