人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

子宮筋腫ってどんな病気? 女性特有の病気の疑問にドクターが答えます!

ボディ

「MAQUIA」12月号では、女性ホルモンにまつわる正しい知識をQ&A方式で大特集。女性の病気や婦人科にまつわる疑問に女性ドクターが答えます。
Image title


うまく付き合えば不調がおさまる!
キレイになる! 女性ホルモン100問100答

生理周期にともなって定期的にやってくるカラダの不調。いつものことだと思っていたら病気のサインのことも……。何十年も続くことだからこそ、正しい知識を身につけよう。


教えてくれたのは…

産婦人科医

遠見才希子先生

対馬ルリ子 女性ライフクリニック新宿にて診察。その一方で子どもの性教育にも力を入れ、積極的に講演活動を行っている。


産婦人科医

池下育子先生

いけした女性クリニック銀座院長。患者の8割が働く女性。婦人科系のほか、メンタルなど女性の悩み全般をサポートする。


クリニック&病気編

何となくハードルが高い婦人科。一旦、扉を開けば、身近で心強い存在に。


Q 病院での婦人科検診って
どんなことをするの?

A 問診、視診、エコー、触診、
おりもの検査、子宮がん検診が理想

「子宮、卵巣、腟などに病気がないかチェックします。問診や血液検査だけではわからないこともあるので、エコーや視診も合わせて行います。疑わしい所見があれば、MRIなどさらに詳しい検査を行うことも」(遠見先生)


Q 子宮筋腫ってどんな病気?

A 子宮にできる良性の腫瘍

「子宮にできるコブのようなもの。できる場所や個数もさまざまです。症状が出ないことも多いですが、月経痛がひどくなる、月経量が多く貧血、頻尿といった症状がある場合はエコーやMRIで検査を」(遠見先生)


Q 子宮筋腫は手術しないと治らない?

A できた場所、大きさなどによります

「ほとんどの場合、定期的にチェックして経過観察をします。しかし、月経痛がひどくなったり、出血量が増えるなど日常生活に支障をきたす場合や、子宮の内側にせり出して妊娠に影響する場合は手術を検討します」(遠見先生)


Q 子宮筋腫は良性か悪性か、
すぐにわかるの?

A ほぼわかります

「ほとんどは良性の腫瘍ですが、まれに悪性の子宮肉腫が見つかることも。不正出血をともなったり、急に大きくなるなどの症状が見られた場合はMRIなど、さらに詳しい検査を行います」(遠見先生)


Q 子宮内膜症ってどんな病気?

A 子宮内膜に似た組織が
子宮内膜以外のところで増殖する病気

「簡単にいえば子宮以外の場所で生理が起こっているようなもの。子宮以外では月経血として体外に出る出口がないため、くっついて血腫になったり、周囲の臓器と癒着。卵管がつまり、不妊症の原因にもなります」(池下先生)


Q 子宮腺筋症ってどんな病気?

A 子宮内膜に似た組織が
子宮筋層内で増殖する病気

「子宮内膜症と同じような病気で子宮内膜の組織が子宮筋層内にできます。進行すると子宮筋層が厚くなり、子宮が大きく。見ためは子宮筋腫と似ています。多くはピルや薬で治療します」(池下先生)


Q 検診って何歳から受けるの?

A 20歳から年に1回が理想

「セックスの経験があれば10代でも子宮頸がん検診は必要です。がんに限らず、子宮内膜症など婦人科系の病気を早期発見するためにも20歳以上は年1回、婦人科へ」(遠見先生)


Q 生理中でも診察や検診は大丈夫?

A YES

「おりものの菌など検査できない場合もありますが、基本的には月経中でも診察や検査は可能です。気になる症状があれば早めに受診しましょう」(池下先生)


Q チョコレート嚢胞ってどんなもの?

A 卵巣にできた子宮内膜症が進み、
嚢胞になったもの

「チョコレート色の古い血液が袋のようにたまり、卵巣が腫れた状態になります。日常生活に影響するほど痛んだり、不妊の原因にも。ピルや薬物療法、6cm以上なら手術で取り除きます」(池下先生)


Q 子宮頸がんはセックスでしかうつらないの?

A YES

 「子宮頸がんのほとんどは男性の陰茎に常在するウイルスの感染が原因。性経験がないなら基本的には子宮頸がん検診は不要」(遠見先生)

1/2

2/2

Q 30代前後から増える婦人科系の病気は?

A 子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症

「エストロゲンの影響で子宮筋腫など子宮系の病気は進行します。昔は若いうちに何度か出産し授乳、その間、女性ホルモンは低下して病巣が一旦縮少していましたが、今は出産回数が減って女性ホルモンもすぐ戻り、病巣が進行する一方。子宮筋腫は4人に1人の割合で見つかるほどです」(池下先生)

Q 婦人科は妊娠や出産、
生理以外でも診てもらえるの?

A 女性のカラダの悩み全般OK

「婦人科系の検査機器をそろえているだけでなく、体調不良や肌、メンタル系の相談など女性の悩み全般に対応しています。ご近所の婦人科を気軽に検索してみて」(池下先生)


MAQUIA12月号

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/甲斐美穂〈ROI〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/里海 イラスト/きくちりえ〈Softdesign〉 取材・文/中木純〈デジタルライツ〉 国分美由紀 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN