ダイエット美容家・本島彩帆里流 お風呂タイムでできる「ながらストレッチ」

ボディ
いいね! 4件

入浴は一日の疲れを癒やすだけではなく、健康維持にも欠かせない習慣です。体が温まることで巡りがよくなり、冷えやむくみの改善にもつながります。さらにお風呂で体がぽかぽかしているときにストレッチをすれば、痩せやすい体に近づけるのです。そこで、20kgのダイエットに成功したダイエット美容家・本島彩帆里さんに、お風呂タイムでできる「ながらストレッチ」を教えてもらいました。

Image title
Image titleダイエット美容家、セレクトショップ「サオリマルシェ」主宰。産後20kgのダイエットに成功し、そのメソッドに注目が集まりInstagramのフォロワー数は27万人以上。元エステティシャンとしての知識をいかした美容術を発信。『ぽかトレ ぽかぽかすれば、体は勝手にヤセたがる!』(マガジンハウス)が11月16日に発売。インスタグラムは@saoooori89

お風呂でできる「ながらストレッチ」はこちら!

ながらストレッチ【1】

体を洗うタオルを用意。タオルは肩幅くらいの長さで持ち、両腕を真っ直ぐ上に伸ばします。背筋とひじを伸ばしたまま、上半身をゆっくり左右へ倒します。わき腹をよく伸ばし、もたつくウエストまわりをシェイプ。タオルを使うことで、普段なかなか伸ばせない場所もラクにほぐせるのでおすすめです。

ながらストレッチ【2】

体の洗い方をちょっと工夫するだけで、ウエストのくびれづくりにつながります。上半身をひねって背中や肩などを洗えば気になるお腹まわりもスッキリ! ひねったときに10秒ほどキープするように、ゆっくりと体を洗うのがポイント。また、呼吸はとめずに行いましょう。

ながらストレッチ【3】

ヒップアップに効果的なのが、足伸ばし。イスや浴槽のふちに座り、片足を膝の上にのせます。上半身を前に倒して、下ろしている方の足を洗うとお尻まわりの筋肉が適度に伸ばせるのです。10秒ほどしっかりと伸ばして。浴槽のふちを利用する際はすべりやすいので注意してください。

ながらストレッチ【4】

パソコンやスマホの長時間使用で凝り固まった肩甲骨まわりをストレッチ。髪を洗うときにひじを外に向けて張り、胸を大きく開きます。肩甲骨を寄せるようにするのがコツ。その際、胸を開きっぱなしにせず、時々ゆるめてあげるとほぐれやすくなります。

時間がなくてシャワーだけで済ませたい日は?
代謝を上げるには湯船につかり、体を温めることが大切ですが、ときにはシャワーで済ませたい日もありますよね。そんなときでも巡りがよくなるコツがあるので、ご紹介します。

【1】浴室は冷えているので、あらかじめシャワーでお湯を出して温めておきましょう。体が冷えずにすむので、スムーズに温まります。

【2】温冷浴で血管を伸縮させることで、巡りをよくするのも手。ひざ下にお湯と水のシャワーを30秒ずつ浴びるのを3回繰り返します。いきなり冷水を浴びるのは危険なので、温まってから行いましょう。また、心臓が弱い人は避けてください。

【3】首に集中的にお湯をかけるのも効果的。シャワーをあてながらゆっくりと深呼吸をすると副交感神経が優位になって巡りがよくなります。


撮影/廣江雅美 モデル/吉田早織(チーム★美セレブ) 取材・文/岩淵美樹

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN