体作りのプロが贈る”14日間で絶対成功するダイエット美格言”

ボディ
いいね! 7件

「MAQUIA」6月号では、ダイエットのエキスパートたちがやる気スイッチを押す”心と脳に響く"名言を教えます。

Image title

体作りのプロが贈る
やる気スイッチを押す名言を集めました!

14日間で絶対成功する
ダイエット格言

これまでに多くの成功と失敗を見てきた、ダイエットのエキスパートたち。そんな彼らの“心と脳に響く”言葉は、美ボディ作りの方策だけでなく向き合い方を変え、やる気と自信を授けてくれる!


正しいダイエットのモチベーションを
高めてくれるのは…

“進化する美ボディ”を体現
ダイエット美容家
ファスティングアドバイザー
本島彩帆里さん

元エステティックサロン店長で、20㎏ダイエットに成功した経験を生かし、SNSで大ブレイク。著書も多数。

トータルなキレイの守護神
ボディワーカー
森 拓郎さん

“rinato”主宰。ピラティスや整体、食事管理まで、美ボディメイクを指導。モデルや女優からの信頼も厚い。

日本女性の体を劇的に変える
ボディメイクパーソナルトレーナー
spice up fitness代表
岡部 友さん

米国で公認トレーナー資格を取得。ヒップトレーニングに特化し、女性のボディメイク、ダイエットを指導。

美バランスを形創る“巨匠”
美容整体トレーナー
波多野賢也さん

独自の理論に基づき、美バランスボディに導く施術が人気。美容健康アイテムの開発も手がけ、大ヒット中。

“戻らない”ダイエットに精通
美容家
山本未奈子さん

スキンケアのみならず、自らの成功体験を生かした「リバウンドしないダイエット法」も大きな話題に!


神崎 恵特別寄稿
for ダイエット

「痩せられた」達成感
無敵の勢いとキレイをくれる

「痩せたい」。自分は女だと自覚したときから、まるで遺伝子に組み込まれているかのように共存しているこの願望。朝起きた瞬間から眠りにつくまで、痩せるための計算をしている。メニューを開くたびに、本当は食べたいものと痩せるものとの間を行ったり来たりするのも、とろけるほど美味しいものを食べたあとの幸せに混ざる罪悪感も、「ダイエットをしている」と聞くと、急に差をつけられたような気がして心がざわつくのも。それは「痩せる」ことで起こるたくさんの「いいこと」を、わたしたち女は知ってしまっているから。

ちょっとキレイに見える。モテる。服が似合う。でももっとすごいのは「自信」という美しさが手に入ること。余計な重さを削ぐことができた達成感は、無敵の勢いをくれる。「まだまだキレイになれる」と楽々と信じさせてくれる。だからわたしたち女はいつだって「痩せたい」のだ。いくら辛くったって、いくら自分を投げ出したくなったって。女でいる限り、この悩ましい願望に背中を押してもらいながら、絶対キレイになれるとこれからも信じて続けていきたい。

ビューティライフスタイリスト

神崎 恵

今日からスタート!
Day1

Image title

「自分の変えられない習慣まで無理して変えても、我慢はいつか爆発します。期間限定のダイエットでは意味がないから、2割の“ハッピーを感じるところ”は変えずに、8割の“変える習慣”は徹底する。そのバランスを見つけていくことが大事」(岡部さん)


Image title

「いつまでにどんな自分になるか、その自分はどんな服を着てどんなメイクをし、誰とどこにいるかまで想像して、記録しておいて。明確な目標・なりたい自分像と、“なんのため”という目的がないと進めないから、これは初日にぜひトライ」(本島さん)


Image title

「ダイエットの広告ビジュアルなどを見て無理な理想を掲げ、多すぎる課題を自分に与えても、結局続かず“ああはなれない”と自己嫌悪に……。ダイエットのモチベーションは初日をピークにするんじゃなく、だんだんと高めていくべきもの」(森さん)


“できること”を今一度確認

Day3

「食は毎日の習慣。“食べすぎる”習慣をリセットするためには、最低3日はかかります。『自分がその気になる』ビジュアルを周囲にちりばめてダイエットモードを高めながら、『3日目を過ぎればきっと乗り越えられる!』と自分に言い聞かせて」(山本さん)

「痩せることは、健康的な食生活を続ければ無理なく叶うこと。実は今、一生健康であるためのライフスタイルづくりをしているのだと、再確認して。そして『誰のためにやっているのか』を見つめ直し、成功の先にある“できること”をイメージ」(岡部さん)

「今、やっていることの意味が理解できて腑に落ちると、頑張れるもの。『●●筋を意識』なんて言われても、自分でちゃんとできているのかわからなかったら続かないでしょ? 『理解できて続けられる』方法を見つけることが、実は大事なんです」(波多野さん)

体は変わり始めている!

Day7

「体脂肪や体重を追いかけている人は失敗する。『この人の体になりたい』が最終目標なのもNG。自分基準で考え、頑張りは認めて」(岡部さん)。「数字を追うのは簡単だけど続かない」(波多野さん)。「体重で結果をはかる考え方から変えよう」(森さん)

「朝・昼・晩とたいしてお腹も空いていないのに、習慣で食べがちな私たち。必要以上に食べそうになったら、まずはひと呼吸おき水を一杯。喉の渇きを満たすと、『ほんとうにこれを食べたいのか』自分に問い直す時間もできて、衝動食いが防げます」(山本さん)

「怠けたくなったとき、できない理由が先にきてしまうと、次の行動に移せないもの。また必要以上に自分を責めるのも、モチベーションを下げる原因に。できない理由を探すより、できることを見つけてあげたほうが、きっとうまくいきますよ」(本島さん)

嬉しい変化を未来につなげて

Day14

「急激に落とした体重は、必ず元に戻る。そもそも女性にとって嬉しいのは、痩せることよりキレイに“見える”ことのはず。そのためには立ち方を変える、座り方を変える。日々の中で細く長く続けられることが、必ずキレイに結びつくと知って」(波多野さん)

「2週間試して自分に起きた小さな変化や、新しく習慣になったことをしっかり確認してあげましょう。日々の頑張りやそれによる変化は、きっと積み上げられて大きな変化につながります。まずは自分を褒め、できることを少しずつ増やして」(本島さん)

「ダイエットの語源になった言葉には、生活様式とか“生き方”という意味がある。なんとなく長くやってきたことの結果に今の自分があるのだから、『即効的に痩せないと』という考え方を変え、生き方を変えていくことが、これからを左右します」(森さん)


MAQUIA6月号

イラスト/久保田ミホ 取材・文/巽 香 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN