人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

筋トレすると肌にいいって本当? 美肌と筋肉のQ&Aに専門家がアンサー!

ボディ

「MAQUIA」1月号では、美肌や心にも効く筋肉、筋トレについてのあらゆる疑問にお答えします。今回は、「美顔筋肉」にまつわるQ&Aに専門家がお答え。

Image title

美肌と美BODYのために「筋トレ」始めよう!
美人になる筋肉100問100答

教えてくれたのは…

俳優・アーティスト 武田真治さん
俳優の傍ら、20年前からトレーニングを開始。『みんなで筋肉体操』(NHK総合)や専門トレーナーとオリジナルで考案・作曲した「筋肉リズム体操」が話題。

銀座ケイスキンクリニック 院長 慶田朋子先生
オーダーメイド治療で見た目年齢マイナス7歳を叶える美女医。ご自身は20年以上続けているジャズダンスで美ボディをキープ。

アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん
独自の「村木式整筋」メソッドで女性の悩みをずばり解消するゴッドハンド。近著『整筋・顔体大全』(日経BP社発行)も。


鍛えるのではなくゆるませる 美顔筋肉編

\ まずは覚えたい美顔筋肉はここ!

Image title

前頭筋 おでこ全体に広がり、眉を持ち上げる筋肉。
皺眉筋 眉のやや深層にある筋。眉間のシワを作る。
側頭筋 頬骨から側頭部に広がる。硬くなるとエラ張り顔に。
眼輪筋 目を囲む輪状の筋。主に目を開閉する働きがある。
咬筋 食いしばり筋とも呼ばれ、そしゃくする際に使用する。
上唇挙筋 小鼻の横に位置。上唇を上げる際に使用する筋。
口輪筋 口周りを囲む筋肉。唇を閉じるときに使用。
胸鎖乳突筋 頭の重みを支え、首の後ろから鎖骨の中心にある筋肉。


Q 筋トレすると肌にいいって本当?
A 肌ツヤがアップしてエイジングケア効果も

「適度に運動することで成長ホルモンの分泌が促され、新陳代謝がアップ。さらに血流もよくなるので、自然と肌ツヤはよくなります。ただし屋外でトレーニングする際は、万全な紫外線対策を忘れずに行うことが大切です」(村木さん)


Q 気になるたるみ。筋肉を増やせばハリを取り戻せる?
A むしろ逆効果! 筋肉はゆるませることが大事

「年を取ると筋肉は肥大化して硬くなり、皮膚は劣化して薄くなります。それゆえ、顔の筋肉を鍛えるのは厳禁。実際に、ボトックスで首の筋肉をゆるめるとフェイスラインがシュッと引き上がります」(慶田先生)


Image title

Q 筋肉が多い人ほどシミが少ないって本当?
A 本当です

「ポーラの最先端テクノロジーを用いた研究によって、体重あたりの体幹と下半身の総筋肉量が多い人ほど、顔のシミが少ないという事実が判明。自らの筋肉が、シミ抑制物質を作り出しているんです」(ポーラPR・河野怜佳さん)


Q 顔を引き上げるにはどうしたらいい?
A 頬の筋肉をゆるませて

「顔全体のたるみ印象は、頬部分がプリッと上がると若々しい印象に変わります。まずは硬くなってしまった鼻の脇にある上唇挙筋を、指の腹を使ってまんべんなくほぐしてあげること。立体的な頬が復活します」(村木さん)

Image title

小鼻の脇に人差し指を押し当て、そのまま左右にスライドし、下から上へと動かす。外側に少しずつ位置をずらしながら同様の動きを繰り返す。


Q 顔のたるみは表情筋の衰えが原因?
A SMAS筋膜へのアプローチが鍵

「顔がたるむのは筋肉ではなく、表情筋を覆う薄い膜『SMAS筋膜』が伸びるのが原因。この筋膜を引き上げることでたるみにくく。鍛えて硬くするのは逆効果です」(慶田先生)


Q 頭皮の筋肉も鍛えられる?
A できます

「顔と一枚皮でつながる頭皮の筋肉も鍛えられます。とくに首から背中に繋がる僧帽筋は普段なかなか動かさない部分。ここをほぐすことで血流がグッと改善します」(村木さん)


Q 目を大きく見せる筋肉ってある?
A 硬くなりがちな皺眉筋をほぐす

「まぶたがたるんで目が小さくなってしまうのは、目を開けるときに使う皺眉筋や眼輪筋がカチコチになってしまっているから。どちらもしっかりほぐしてあげることで目も開けやすくぱっちりとした目元に」(村木さん)

Image title

①机にひじをつき両手の人差し指を眉頭にあて、頭の重みで圧をかけ首を小さく縦横にふる。
②さらに目を囲む眼輪筋を意識しながら圧をかけ、外側はつり目になるように引き上げる。


Q 笑顔が多いと表情筋が鍛えられるの?
A 微笑みがベスト

「顔をゆがませるほどの大笑いはおすすめしません。にっこりと微笑むぐらいが一番若々しく、美しくいられます」(慶田先生)。「笑うことでポジティブな感情を脳に届けるので、そういう意味でも効果はあると思います」(村木さん)


Q 鍛えるとヘアロスも改善する?
A 改善するはず!

「正しく筋肉がつけば骨格や内臓も正しい位置に整い、姿勢がよくなり、血流もよく。医学的な裏付けはないけれど、姿勢がよいと薄毛になりにくくなる気が。僕もトレーニングをしてから髪のボリュームがアップしました」(武田さん)


Q つけまつ毛やまつエクの重さでまぶたがたるむって本当?
A たるみます

「目元のたるみは、支えとなる靭帯が伸びきったゴムのようにゆるむのが一因。靭帯は一度伸びると自力では鍛えられないので、まつエクなどは避けるのが賢明です」(慶田先生)


Q 顔も筋肉が多いほどむくみにくい?
A 筋肉量よりも質が関係

「例えば食いしばり筋といわれる咬筋や側頭筋などがカチコチに硬くなった状態だと巡りが滞りかえってむくみや顔が大きくなる原因になります。筋肉はあればOKなのではなく、あくまでもしなやかな状態の筋肉をキープすることが大切です」(村木さん)

Image title

不要なタンパク質や水分の蓄積が肌アレやむくみを招くことに着目。デトックス効果で巡りよく。セラム 0 50ml¥10000/イプサ


Q 筋肉に効くコスメを教えて
A 塗る筋トレコスメに注目を

筋肉まで視野に入れた“塗る筋トレ”コスメが続々と登場。皮膚表面だけでなく、筋肉から若さを立て直すアルビオンや日本ライフ製薬などの美容液、眼輪筋にアプローチして目元の老化サインに待ったをかけるポーラやエピステームのアイクリームなど。その効果に大いに期待!(マキア編集部)

Image title

(右から)目元を支える眼輪筋とミュラー筋にWのアプローチ。ゆるみのない眼差しに。エピステーム アイパーフェクトショットa 18g ¥11000/ロート製薬 加齢で眼輪筋が薄くなることに着目。潤いと立体感を。B.A アイゾーンクリーム 26g ¥18000/ポーラ

(左から)毛穴に付随する立毛筋と表情筋を活性。毛穴を引き締め、リフトアップされたゆるみのない顔に。エクシア アンベアージュ ル セラム 40ml ¥38000/アルビオン 神経伝達物質アセチルコリンと同じ働きをするDMAEを高配合。リフトセラム 23ml ¥7500/日本ライフ製薬 うるおいで満たし、しなやかな表情美を引き出す。クリーム アルティメイト [医薬部外品] 30g ¥20000/イプサ 


Q シワにつながりやすい筋肉ってある?
A おでこ、目尻、ほうれい線はほぐすことでシワ解消

「自分では気が付かぬうちに、意外なほどこっているのがおでこの前頭筋。奥にある骨を感じながらクルクルともみほぐすことで、シワができにくくなります」(村木さん)

Image title

眉頭の上に、両こぶしの平らな面をあてる。そのままクルクルもみほぐし。位置をずらしながらこめかみまでほぐす。


Q 筋肉を効果的にゆるませる方法は?
A 筋肉に対して垂直に圧をかける

「硬直した筋肉は、ゆっくり呼吸をしながら垂直に圧をかけることで弾力が戻ります。またリンパ管が集中する首回りをほぐすことで顔の巡りが一気にスムーズに」(村木さん)

Image title

(右)親指以外の4本は、首の後ろに置いて手を固定するのがポイント。
(左)両手で首をはさみ、頭部を支える胸鎖乳突筋に横から圧をかける。


Q 筋肉に働きかける美容ギアが知りたい!
A 表情筋トレーニングが簡単に実現

「時間がない」「お手入れをさぼりがち」という人は美容ギアを賢く取り入れて。硬くなりがちな咬筋をゆるめながらリフトケアを実現するヤーマンの黒いマスクなど、美顔をキープするための“ほぐす×鍛える”ケアを手軽に、時短で行えます。(マキア編集部)

Image title

(右から)表情筋トレーニングなど4種類のトリートメントが可能。セルキュア 4TPlus ¥120000/ベレガ すくい上げて、つまんで流すという動きで、筋膜のゆがみをリリース。リファカッサレイ ¥23800/MTG ゆるませる筋肉と鍛えるトレーニングの2つのケアが同時&時短で可能。メディリフト ¥25000/ヤーマン


Q 顔の筋肉が衰えがちな生活習慣は?
A 話さない、笑わない、スマホの使い過ぎ

「現代人の一番のネックはなんといってもスマホの使い過ぎ。うつむいたままの状態になりやすく、また画面を見つめるだけでは表情まで乏しくなりがちです。表情筋は動かさなければ衰えていくだけなので注意を」(村木さん)


Q 美容的に鍛えないほうがいい筋肉ってある?
A 眉をひそめる皺眉筋や食いしばりの咬筋

「おでこにシワを作りたくないなら皺眉筋は鍛えるのは避けたいところ。反対に首の筋肉は鍛えると横ジワ防止に」(星野さん)。「咬筋や側頭筋は発達し過ぎることで、顔を大きく見せてしまう原因に。しっかりとほぐして」(村木さん)


Q 顔の中で鍛えるべき筋肉は?
A 上唇を上げるときに使う上唇挙筋

「意識して使わなければ衰え、見た目年齢を大きく左右するのが唇周りの筋肉。日常から口角を上げる、さらに話すときは前歯が見えるくらいしっかり大きく口を開くことを心がけることが大切」(村木さん)



MAQUIA1月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(武田さん) フルフォード 海(高田さん) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/堀江万智子(武田さん) 清水美知(高田さん) スタイリスト/伊藤伸哉(武田さん) 福永いずみ(高田さん) モデル/高田有紗 イラスト/河野悦子 取材・文/轟木あずさ 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

筋トレの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN