生活習慣を見直してくびれをゲット! 骨盤のゆがみを正す簡単エクササイズ

ボディ
いいね! 0件

ゆがみのない“骨盤”に近づくには、“骨盤”の仕組みと働き、自分の骨盤ゆがみのタイプを知るのが先決!「MAQUIA」9月号から、骨盤ゆがみに対応したくびれづくりエクササイズ(生活習慣編)をお届けします。

Image title


教えてくれたのは…

NPO法人 美えな塾理事長 片山やよい先生

産前産後の骨盤レッスンや妊活エクササイズ、インストラクターの養成、ワークショップなどの経営に携わる。8月に「美えな骨盤メソッドイベント」を開催予定。http://vienna-juku.comをチェックして。

Image title

くびれがあるのは健康骨盤の証

骨盤のゆがみとは、骨自体が曲がっているのではなく、骨盤周辺の筋肉に変な癖がついて骨盤が正しいポジションに収まらなくなったことを言います。これにストレス過多や無理をすると骨盤の開閉がうまくいかず、24時間リラックスを知らない骨盤になり、おブスな姿勢や腰痛、あらゆるトラブルの引き金に。骨盤のクセを知り、ほぐす→鍛えることで、骨盤周りの緊張がとれ、女性らしいくびれやしなやかなシルエットを手に入れることができます。


こんな人は骨盤警報!
くびれおブスになっている!

ひざ上肉がゆるゆる~~

ひざ上の肉がぶよっとしてつまめる人は体がむくんでいて、骨盤がだらしなく緩んでくびれにくく。

Image title

立ちっぱなし

長時間、立ちっぱなしで、どちらかの足に重心をかけてしまうような同じ姿勢は骨盤周りの筋肉が緊張し、巡りが悪くなり、ゆがみ骨盤のクセをつくってしまう。


24時間いつでもカンタンくびれづくり

日常の生活で手軽に取り入れることのできる3タイプの骨盤ゆがみに対応したエクササイズ。


生活習慣編

座っているとき

Image title

ひざを90度に曲げてかかとに体重をのせる

浅めにイスに座り、ひざを90度に曲げて、かかとに体重をのせる。内転筋に力が入り、骨盤が立つ。


信号待ち

Image title

かかとを浮かせてお尻の穴に力を入れる

左右のかかとをつけた状態で、かかとを浮かす。お尻の穴や丹田に力を入れると、骨盤が締まる。


歩いているとき

Image title

姿勢はまっすぐ!腕を後ろに引いて歩く

腕を後ろに引くことを意識しながら歩く。骨盤と肩甲骨は連動しているので、腕を振ると骨盤が整う。

Image title

首が前に出た状態で、上半身を動かさずに、トボトボと歩幅小さくすり足のように歩く。


電車の中で

Image title

ひじを90度に曲げ、脇をしめてつり革を持つ

足裏全体で踏みしめつつひじを90度に曲げ脇をしめる。脇下のインナーマッスルが締まり骨盤を刺激。

Image title

つり革をだら~んと持ち、脇が広がっている。どこにも負荷がかかっていないため、ただつかんでいるだけ。


MAQUIA9月号

撮影/長谷川 梓(プロセス分) ヘア&メイク/胡桃澤和久〈Three Peace〉 スタイリスト/柳 理央 モデル/スミス 楓 取材・文/頓所 梓 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

ワンコイン版はこちら>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN