人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

あなたの便秘はどのタイプ? 出ない理由を生活習慣別に診断! 解消法も教えます

ボディ

ストレスや生活習慣が便秘の原因!? 「MAQUIA」5月号では、普段の生活習慣別に便秘のタイプを診断。その解消法を専門家が教えます。
Image title

詰まり方は、人それぞれ
出ない理由別

便秘すっきり解消する方法


教えて頂きました

腸セラピーサロン
「マザーアロマ」主宰
砂沢佚枝(いさざわやすえ)さん
腸もみセラピーの第一人者。保健学修士 女子栄養大学栄養科学研究所元研究員。
http://www.thl.co.jp


[ストレス・生活習慣が原因の便秘]
ストレスや、普段の生活習慣が便秘の原因になっている場合も。思い当たるものがないかチェック!

1/4

2/4

3/4

4/4

仕事が忙しく、朝もトイレに行く
時間がありません。
ストレスも多く、便秘もひどい……

「毎日忙しく、朝はトイレに行く時間もなくバタバタと出勤。日中は仕事に追われ、最近心身ともにストレスがマックス。帰宅してからもメールのやりとりで1日が終了。腸が動かないのはこんな生活のせい?」


Image title

交感神経が優位になり腸が緊張状態に

「ストレスが多いと交感神経が優位に。すると腸の動きが悪くなるので、便秘に。腸が常に緊張した状態です」


コレで解消

お腹を温めて
ぜん動運動を活性化

「緊張腸はストレスの原因を解消することが一番ですが、手っ取り早くできる方法はお腹の温め。白湯を飲んだり湯たんぽを当てたりしてお腹を温めると腸の血流がよくなって副交感神経が優位になり腸の動きが活性化します」

Image title



コレで解消

朝トイレに行けなくてもOKと、
気楽にとらえましょう

「朝トイレに行けず便を出せなかったことをダメだと思い過ぎるとストレスになって逆効果。夜など時間があるときにゆっくりトイレに行けばいいやと気楽にとらえて。何事も思い悩み過ぎないこと」


Image title

ちなみに
旅行に行くと出なくなる人も緊張腸
「旅先で便秘になるのもストレスからくる緊張腸。旅から帰ったら出せばいいと気楽に考えて。どうしても出したい場合、市販の浣腸を使うのもおすすめ」


水分をとるのが苦手。便秘なのは、そのせい?

「水を飲むのが苦手でのどがカラカラになってやっと飲む程度。コーヒーは少し飲むけれどそれじゃダメ?」


Image title

水分が足りないと便がカチカチに

「水をあまり飲まないと水分不足のカサカサ腸に。水分がないと便がカチカチに硬くなって出にくくなります」


コレで解消

カフェイン入りの水分はNG!
水や白湯を飲んで

「水を飲むと副交感神経が働いて腸が動き、便も柔らかくなり便通が改善するので水分補給は大事。ただ、カフェイン入りのものは利尿作用で体内の水分を出すので水分とみなしません。水か白湯をこまめに飲んで」

Image title


便秘薬を飲んだり、お尻洗浄をしないと出ません

「便秘薬を飲まないと出ない頑固な便秘です。トイレのお尻洗浄で肛門を刺激するとまだ出やすいけれど……」


Image title

自分の力で出せない依存型の腸

「薬やお尻洗浄など何かで刺激しないと便が出せないのは、自然に出す力を失っている他力腸です」


コレで解消

苦労も必要! 不自然なことでラクして出すのはダメ

「便秘薬は依存性があり常用すると飲まないと出なくなります。お尻洗浄をしないと出ないのも同じ。ラクして出そうと思わず、しっかり野菜をとるなど努力して!」

Image title


便がたまり過ぎているせいか下腹がぽっこり……

「常に便秘で、下腹がいつもぽっこり出ているのが気になります。便がたまり過ぎているからでしょうか?」


Image title

筋力不足や糖質過多で腸が下垂

「筋力不足で腸が下垂している可能性大。甘いものをとり過ぎていて、胃が萎縮して胃下垂に。腸も下垂します」


コレで解消

下垂腸は腸もみエクササイズで改善

「クッションや折り畳んだバスタオルを骨盤の下に入れて腰を高くして行う腸もみをすれば下がった胃や腸が正しい位置に戻ります」


Image title

腸骨(骨盤の左右の骨)の内側に両手の小指側を当て、息を吸って吐きながら指を差し込み腸を胃のほうへ引き上げる。これを5回。


MAQUIA5月号

撮影/長谷川 梓 ヘア&メイク/久保田カオリ モデル/福吉真璃奈(マキアビューティズ) イラスト/熊野友紀子 取材・文/和田美穂 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

インナーケアの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN